無料ブログはココログ

« 配属先 | トップページ | 8月のモンゴル »

2011年7月29日 (金)

ゲル地区視察

今日はモンゴルのスラム街的な場所「ゲル地区」に視察に行きました。

ゲル地区は、遊牧民が遊牧生活を辞め、首都に仕事を求めてきた結果できあがった街です。スラム街なので、電気、水道の供給は不十分です。もちろん道路も区画もきちんと整備されていません。

いわゆる貧困層が多く住んでいます。仕事を持っている人は極わずか。。

車を持っている人は2割程度。もちろん、日本では廃車になるような車にのっている人も多いです。

なず、そこまでして首都に住むのか?  疑問ですよね。遊牧生活をしていた方が生活は潤っています。毎日必要な食料、水は確保できるのに…

モンゴルは寒い国です。5年に1度くらいのペースで寒波が襲ってきますtyphoonsnow

これにより、多くの家畜を失ってしますのです。泣く泣く仕事を求めて首都に上がってきます。 もしかしてこの寒波も温暖化の影響なのかな~down

首都で仕事に就ける人はわずかですので、その他の人は何をしているのか?

個人のお店(コンビニ的な)をやっていたり、ゴミの中からペットボトルなどを集めて換金したりしているのですaries

モンゴルのはコンビニがないので、小さなデルグール(=店)がいたるところにあります。

Dsc01187

このゴミ捨て場はゲル地区の奥にあり、UB市がJICAの支援プロジェクトにより作った廃棄物処理場です。 

ここの道はとてもキレイで平坦ですDsc01186

ここのゴミ分別は資源ゴミかその他の2種類です。…少ないけど一応分別してますscissors

ゴミはココで埋め立てられますが、さすが寒冷地、なかなか腐敗しないから匂いも少ないthink

その分、土に還らないのでいつかは満杯になってしまいます。。。

ゲル地区では、JICAの支援を受けながらコミュニティを作っています。もともとUB市は社会主義国だったので(民主化になったのはつい最近)ロシア(旧ソ連)によって作られた街です。当初の予定では人口40万人都市で区画整備していたが、今では111万人。。入るわけがないcoldsweats02 そこでUBではマンションなどの建設ラッシュthunder

周りにはゲル地区が拡大するばかり…(ゲル地区の住民登録把握しきれてないなのかも…typhoon

でもsign03 住民たちは自分たちの住む街をきれいにしたい、住みやすいところにしたいと言っていました。 そこでJICAが資金協力をし、住民たちが自ら必要な街の坂道に階段を作るとか幼稚園をつくっています。 外部に委託するとその分お金がかかるし、何より

「自分たちが使う場所だから自分たちで作る方が愛情をもって使えるから」

と言っていました。私たちが来てくれたことを期に、街の水売り場の工事が完了したのでテープカットをしてくれましたDsc01194 hairsalon

めんこいheart04

この足元のコンクリを住民達が使いやすように作りましたgood

Dsc01188 この階段もscissors

OPP①

ココで私、後ろにひっくり返りそうになりましたcoldsweats01 理由はわかりません…一瞬、そばにいたKの鞄を掴もうとしたけど掴めずcoldsweats02 「もうだめだ~shock」 と思っていたらKが気づいて手を引っ張ってくれて九死に一生を得ましたweep

次に地区の代表のゲル(家だけど本物のゲルテント)にお邪魔しました。

彼らは北の方から来た遊牧民です。2000年の大寒波で家畜を失い、仕事をもとめ首都のUBへ来ました。現在仕事をしているのは長男だけです。 このゲルに8人が生活しています。このゲルも家賃を払って生活しています。

Dsc01210 ここのおばあちゃんheart01かっこいい方ですscissors

OPP②

ここでは番犬にクマみたいな犬を飼っていますthunderめっちゃ吠えますwobbly 帰るときに「静かだな~」とちょっと見たらいきなり吠えかかってきました(もちろん届かないように鎖は短いんですけど…)それにびっくりして尻モチをついてしまいましたcrying

その後も急な坂道にズルッと滑りかけ、お父さんに笑われましたdown70歳のお父さんはしっかりと歩いてるのに… お父さんが見かねて肩を貸してくれましたcoldsweats01

Dsc01205 これから数kmの道を歩いて水を買いに行く子たち。帰りは持って帰ってこれるんでしょうね。。ホントに感心しますsun 学校に行くにも数kmの道を歩いて通うのです。。

Dsc01199          水汲み場に来ていた子供たち。今は夏休み期間中ですfoot

 今日、視察に行けたことはとても意義のあることでした。実はこれは私の職場の道路を1本挟んで営まれている生活です。

 ここの人たちは私たちからみれば不便な生活をしていますが、みんなの笑顔はとてもきれいで優しかったですnotes UBはいたるところにゴミが投げてあります。ゴミを拾う仕事の人がいるくらいなんです。。綺麗な花畑に水をやる一方で花畑cloverのゴミは片付けません。。(不思議ですtyphoon)   でも、ここにはゴミがほとんど落ちていないhappy01 みんながゴミをきちんと投げているからですshine 住民の街への関心・意欲がとても高いのだと思います。

UBの中心街に住んでいる人たちも街にゴミを投げないでほしいです。。

そして、昨日くらいから寮のお湯が工事の為、しばらく出ません。。。困ったな~… 

« 配属先 | トップページ | 8月のモンゴル »

JICA 活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365510/41007949

この記事へのトラックバック一覧です: ゲル地区視察:

« 配属先 | トップページ | 8月のモンゴル »