無料ブログはココログ

« 新居へ引っ越し | トップページ | ハラホリン・ザハ »

2011年10月 6日 (木)

来月から勉強会スタート

最近、活動中に日本人によく会う。うちの病院は大きいから、どこにだれがいるかとか、誰が見学に来ているとかは把握できないけど、誰かが「日本人きているよ」と教えてくれる。

よく状況がわからないからとりあえず会いに行ってみる。

今日お会いした方は柔道整復師の先生。

JICAのプログラムの一環で、5年計画でモンゴルの地方都市(ほぼ医療施設が十分でない)で骨折した患者に対し整復術を行えるように1ヶ月単位で訪問し現地の医師に技術移転したり、大学で講義を行っているようです。青年海外協力隊とは少し違うようです。

ちなみに、宮城県からいらした先生でした。実は被災者の方と直接お話ししたのはこれが初めてでした。現地の状況を話してくださる先生の表情をみていると本当につらい現実があるのだと伝わってきました。あの日、私は今日と同じように病院で患者さんとリハビリをしていて、地面が揺れていた。日を追うごとにどんどん被災地の状況がわかり、大きな地震だったんだと実感できた。でも被災地から離れた地元ではやはり実感なんて出来ていなかったんだ。今日、先生のお話を聞いているうちに胸が締め付けられるように涙が出てきた。

はやく、被災地が復興してくれることをただただ願っている。

ちなみに、私がなぜ急に泣き出したのか日本語がわからない同僚たちが心配してくれたけど、TSUNAMIという言葉を聞いて理解出来ていたようです。モンゴルには海がないから津波はこないし、モンゴル人いわく地震もないようです。患者さんのなかでも日本の東北大震災に募金してくれた方がいたり、たまに「君の地元は大丈夫?」と心配してくれます。本当にやさしい人が私の周りにはいます。

患者さんも10日あまりの入院期間のうち、6~8回しかリハビリしていないけど、その数回の中でとても仲良くなることが多い。みんなが日本のこと、私の家族のこと色々聞いてくれる。そのたび、私のゆっくりとしたモンゴル語(発音も悪い…)を聞いてくれ、一生懸命「こんにちわ」と覚えてくれる。(モンゴル人からすると日本語の発音はとっても難しいようで…かわいい)

といっても、それだけでは仕事は出来ない。。

来月から週一でスタッフへの指導要請が開始!ん~どうしようかな。

筋トレや訓練メニューをとても知りたがっている。それはもちろんうれしいこと!!

でも!!!彼らはその手前の評価をしたがらない。。ん~そんなww

評価しないで筋トレメニューのバリエーションだけ知りたがる。。評価があっての訓練メニューだということが抜けている気がする。。評価してもその問題点にきちんとアプローチできていない…何のための評価か(--〆)

どうやれば評価する習慣がしっかり根ずくのか。。そして評価から問題点をだしてからの訓練メニューだということを理解してもらい、それを日々のリハビリに活かしてもらえるようにしていくか…

ココからがようやく活動開始ってとこだな。。

Dsc01667

病院の空に見えた飛行機雲airplaneモンゴルの飛行機はよくこうやって雲出してますcloud 

こんな青空とももう少しでお別れ…長く寒い冬がやってくる。

« 新居へ引っ越し | トップページ | ハラホリン・ザハ »

JICA 活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365510/42330384

この記事へのトラックバック一覧です: 来月から勉強会スタート:

« 新居へ引っ越し | トップページ | ハラホリン・ザハ »