無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月25日 (金)

イラッとし始めてきた。。

タイトルの通り、今日はいい加減イラッとしてきました。。

職場の人に放置されました。OT(もちろんJICA)と患者を診ているうちにモンゴル看護師が誰もいなくなってしまった。。

本来、医療系はとくに現地活動時はモンゴル人の看護師と一緒に動く約束なのです。もちろん、活動先の人には何度も何度もいっていますが。。

今回はさすがにちゃんと言おうと思い、CP(カウンターパート)にいいました。

なんで?私を置いていったの?

どこいってたの?

もちろん彼は病棟の患者さんを見に行っていたみたいです。でも、行く時は声かけてくれない。毎日毎日見張っているわけにもいかないし、他の看護師とも活動するから彼ばかりにどこいくの??と聞いてもいられない。だってトイレに行くときもあるでしょ??

前から何度もお願いしているのに、あまり伝わっていないようです。私たちJICAは、一人で患者を診ることはできないよっていっているのに。。

彼らの言い分は

「自分の患者じゃないから担当の看護師がすぐに戻ってくるとおもった。」

「自分の患者もいるから、病棟にいた。」

「簡単な患者だから君たちをいちいち連れて行くのは大変だから」

たしかに。でも誰もいなくなれば困ることを状況見て気付いてほしい。。

簡単な患者でも一緒に行ってくれないと私たちはただリハ室で留守番する羽目になる。もちろん急に新患が来ても診れない…どうしたらいいわけ??

ココで黙っていても話は解決しないから、ちゃんといってみた。

そしたら

「なんでそんなに怒っているのよ~お菓子たべなさいよ」だって。。

なんで怒っているかって??なぜわからないのだ…散々お願いしていることが出来ていないからでしょ…人が真剣にモンゴル語で伝えている姿がそんなに滑稽か!!??

お菓子でおさまるほど子供じゃない。。こんなにお願いしている姿をみて笑っているモンゴル人にさすがにイラッときた。悔しいというよりは怒りがでてきてしまった。患者を診る以前の問題だ。

一緒に患者を診るときは「どうしたらいい?」って聞いてくれるけど、いなくても仕事できるならなぜ要請をだしたのだ…しかもPTOT2人も呼んで…

ただのマンパワー補充ならもっとコミュニケーションをとれるモンゴル人を雇えばいいのに。

一緒に患者を診たい。病棟に行く時は一声かけてほしい。

ただそれだけなのに…

帰りの満員バスもさすがに窒息するかと思ったけど、いい人が荷物を持ってくれた優しさに触れて少し気持ちがおさまってきた。

お金回収しにくるおばちゃんもさすがに身動き取れずにいたから無賃乗車してしまった。。ごめんなさい。お金払う気はありました。ずっと手に握りしめていたもの。でもおばちゃんもさすがに疲れていた…どうしてこんなにバス混むのかしら??殺人並み。

そしてなんでこんなに渋滞しているんだろう。。もっと譲り合う心と歩行者の信号無視を辞めれば緩和されるはず…

バスの窓も凍って外見えない…降り間違えそうでこわい。

ちなみにうちのパール暖房はいまだに蚊の様な暖かさです。ちっともあったかくない。。

けど部屋はなんだか普通。これならドミに避難しなくても生きていけるな。。

2011年11月23日 (水)

本日-20℃なり

catface北海道から来た友達も無事に日本にかえりましたairplaneモンゴル(主にUB市内)を満喫してくれたようで一安心noteそして、嘘か本当か…また来たい!といってくれました。次回はもっといろんなところに行きたいね!できれば暖かい時期に…sun

Dsc02337さて、モンゴルはそろそろ冬です。(とっくの前から冬ですsnow)外は最近-20℃(最低気温)です。ちなみに最高気温は-10℃くらいです。ここまでくるともう「マイナス」と言いません。北海道でもそうだけど。プラスになるのはまだまだ先の話ですね…

これは通勤途中の写真camera朝陽を拝みながらテクテク15分くらい歩いています。っていってもこれは8時40分くらい。起きる時間は夜中かと思うくらい真っ暗mist

こないだ、通勤途中に猫が凍死してました。。死後硬直かと思いきや、凍っていたようです。かわいそう…

そして、今日はうちの家の[パール]がきてません。(モンゴルの集中暖房機のことで配管内をお湯が通っていてこれでモンゴルの冬は大丈夫!…なハズだった。)

こまった。。でも浴室のパールは来ているから最悪風呂場に避難すればあったかいでしょうrun それでも室温は20℃あるので死ぬことはありませんhappy02

よかった~!!!!

でもこないだ炊飯ジャーが壊れちゃったんだよね…寿命だと思うけど。。お鍋でご飯炊いたら意外と普通。そもそもジャーの性能低かったから同じ様な炊きあがりcatface ははは~

今日、郵便局にいって荷物をだそうとしたら、いつものお姉ちゃん。わりと美人な子heart02

「あら?またあなた?」Hi! Cain yy?

「荷物出したいの」I want send this irgeemji.

「日本ね?」Ypon ?

「違う」Ugui.

などと、英語とモンゴル語が入り混じった会話をしていた。(いつものこと)宛先を書くのやら、中身を書くのやらで私が間違ってしまった。そしたらそのおねえさん、

「何回も出してんだから知ってるでしょ!?なんでココ勝手に書いちゃうのよ!!」ってちょっと怒ってくるから(気のせいかも…)

寒さでイライラ(モンゴル人は平気で横入りもしてくるからさらにイラッとしていました)

ごめんねっ!!!typhoon」と、大人げなくいってしまいました。。あ~もっと大人にならねば…

いつも出しているのおねえさんなのに、毎回、荷物にJAPANなんて一言も書いてないのに「これ日本?」って聞いてくるあたりはサラっと交わさなければ…

でも、そこの郵便局で普通におばちゃんにモンゴル人に間違われちゃったhappy01

この住所かいて。と頼まれました…でもおばちゃんの筆記体は汚くて読める自信がないのとそれを英語に直せる自信がなかったので丁重に「私、日本人だからうまくかけないや…」とお断り。

そんなこんなで帰り道、ちょっとさみしい気持ちになってしまったので、次回荷物を出すときに再挑戦しよう!!いつか5分以内で荷物を送ってみせるぞ~

今日は、職場の近くにある看護学校の中のPT学科の授業を見学に行きました。

Dsc02373 今年卒業生第1期(⑬名)が卒業したのです。モンゴルにも今PTが⑬名います!!(JICAとかでなく)

どんな授業をしているのかな~と興味がありました。その学校は現在日本の群馬大学が支援している学校で、日本にも留学していた生徒や先生がいます。全校生徒は2500名!!!大学かと思うくらいのマンモス校。PT学科は4学年で80名。(その他2420名は看護師さんです)2年生でパルペーション(触診)、4年生は明日の小児施設の見学に備えてCPや発達について反射の講義をしていました。

1クラスの人数が少ないので、少人数制でとてもこまやかな指導をされていました。そして日本の(自分のクラスしかしらないけど)学校よりも生徒がとても熱心flair みんな予習はバッチリだし、みんなの前で「こうやってここは触るのよ」と堂々と説明していました。感心annoy

そして何より驚いたのが 大奥 だってこと。女しかいない… 

看護学生は男の子もたくさんいる。(むしろ日本よりいるかも)

そして、モンゴルだからか、学校の玄関にコートを預ける部屋があって番号札と交換にそこにコートをみんな預けます。やっぱりガサバるからかな?

食堂もついていましたが、人数に対して席が少なすぎる…高校の購買みたいな勢いでお昼は賑わっていましたriceball

しかたなく、家が近いからうちでたべようか?と一緒にいったOTと話をしてましたが、結局レストランにいったらこれまた「ミルク茶」を頼んだのにふつうの紅茶が出てきて「違うよ」といったらムッとされました…ムッとしたいのはこっちなんですけど~catface

でもまぁ、こんなんしょっちゅうですから念をおして何度も言ったのに…最後に確認していかないから… 無駄なお金は払いたくないのでちゃんと出し直してもらいました。

こないだ、ゲル地区の奥にあるянмалという靴下工場(結構有名かもflag)に行きました。

事の始まりは、私たち(OTと私)が寒がりだから(日本なら普通なはずだけどな~・・)ラクダの靴下がほしい!!と言いだしたことが始まり。それを聞いていた職場の人がだったら

「工場に連れて行ってやるよ!」

の一言で私たちは大興奮!!!あの、янмалの工場にsign02

Dsc02353_3 だってそれまでひたすら患者にどの毛の靴下があったかいか聞いて調査をしていたくらいですから…むしろそれしか聞いていないかもcoldsweats01

車でないといけない場所なので、ここぞとばかりに買い込んでしまいました。

道端でもお土産屋さんでも売ってるけど、1足5000Tgするんです。

そこでは1足3800Tgsign03安いでしょ?全部で5足ほど買いました。このちっちゃいのは姪っ子用。思わずかわいかったのでお土産用に購入dog

そして最近の疑問。ラクダとヤク、いったいどちらが暖かいのか…

とにかくこれでモンゴルの冬の足元は乗り越えられそうですheart01あ~あったかいcatface

やはり郷に入っては郷に従え これですねgood日本製品よりモンゴルで買った物のがはるかに暖かいのです。そして少しづつ寒さになれてきている気がする…

でもこれでは、協力隊というより協力され隊になってきているな。。みんなやさしいから私たちが風邪引かないようにいろいろしてくれる。。ほんとうにいい職場だcrying

私たちがいる意味は、いろんなところに連れて行ってもらうためじゃない。もちろんたまにだけど。

みんなで新しいことに取り組めるように、前に進めるようにするため!でも、少しづつはすすんでいるかな。OTが来たことで自主的に作業道具を作ったり、あたらしい装具をつくったりできているし。。私がやっている訓練内容を自分たちでも使ってくれるようになってきたscissorsなにより仕事中に携帯で話すことが俄然減った!!!うれしいなhappy01

とりあえずそろそろ出し渋っている本格的な冬装備を出そうかな…

2011年11月16日 (水)

Mog

ついに日本から友達が来ました。高校の頃からの仲よしさんsun

が、結構前からお腹の調子が良くない。わたしの。。

どうしたもんか…11/10(木)腹痛で目がさめる。

でもとりあえず正露丸のんで(困った時の正露丸!!)仕事へ。だって家にいるよりは病院に行った方が人もいるし、何より病院だし。。hospital

でも全然よくならなくて、しまいには38℃の熱発。。

何年振りかに熱でた~coldsweats02 数字にびっくりした。。そして熱でると眠くなるらしい。。

そんな感じで職場で思わぬ診察を受け、とりあえず風邪の診断を受ける。

フェルベックスというお湯に溶かして飲む薬が良く効きます。オレンジ味のポカリみたいな味で飲みやすい解熱剤。

金曜には何とか元気になり、夜空港まで友達と迎えに。ちょうどうちのOTの旦那様も一緒の便で来ることになっていました。(すごい偶然scissors

迎えに行く途中の車で、前を走っていた車が飲酒運転して大クラッシュimpactしたのを目撃してしまい、ちょっとこわかった~coldsweats02

久しぶりの空港~airplane 

と思っていたら、ちょうどそこにうちの同期の篤樹が!!彼も友達を迎えに来てました

みんなでわいわい待っていると、ちょうど友達が到着!!感動のハグをしてww

久しぶりだけど全然かわってない~Mogheart02

家に帰って今日は遅いからもう寝よう!ってことで寝たんだけど、そっからわたしの腹痛は再びやってきたtyphoon夜中にトイレに行くこと4回。。その場で飲んだ水すらすぐに出て行く状態。。もうこわくて何も飲めなかった… 飲まなきゃいけないってわかってはいるけど、これ以上飲んでも出るだけだし、睡眠優先sleepy寝るためには一時休戦paper

翌日はUB観光しようとか考えてたのに、まずは病院hospital 今度はちゃんと内科受診しようと思ってたら消化器内科のDr.不在… 結局何科のDr.だったのかわかんないけど「食あたり」の診断。たいして薬も出してもらえず…

一緒に来たMogとモンゴル人の友達(日本語ペラペラ)と一緒に行ったのに…これだけsign02

仕方ないから、両替やら買い物(ほとんど私は何もしてないけど)して帰ろうとした時、職場のDr.からTelが… 腹痛で金曜日仕事休んでいたので心配して電話をくれたww優しい~

と思いきや。。。「おしりペンペンだよ!」と片言の日本語。。笑

これは私が彼に教えた日本語…coldsweats01 (子供に)怒るときに使うんだよ。 と言ったはずなのに… 確実に最近の彼のお気に入りの日本語になっています。音が楽しいから良く使っています。 まぁおかげでなんだか笑って元気が出たけど…

今どこ?

近くにいるならこれからガンダン寺にいくぞ!

と。。  なんで?? OTとそのだんな様がガンダン寺にいるから。だって…

電話じゃ話が良くわかんないので彼のいるところまで行こうとしたら、乗ったバスが反対方向へ…ぎゃ~shock 仕方なくお腹痛いけど歩いて向かっていたら彼が迎えに来てくれてました…ホント、今日はついてないdown

そこからガンダン寺に行き、OTとその旦那さまと一緒にランチしながら「明日、山にのぼりにいくぞ!」と。。なんか日本語を習ってる人たちのサークルがあるらしい。 私、具合悪いんですけど…

結局行くという方向で話はまとまり、そのままGOBIファクトリー(車がないといけない場所で、そこはカシミアブランドの大きなお店)へ連れて行ってもらいました。

帰宅後はぐったりしているとMogがお粥をつくってくれました。ほんとやさし~catface

Mogは実は看護師で(現在ぷー太郎)調理師免許も同時に取得、フレアも(ご存じない方はトムクルーズ主演の「カクテル」をみてください。めっちゃかっこいいですnotes)独学で勉強中。将来は何になりたいのか不明ですが、来月はインドへ一人旅に出るそうです…

「ごはんできたよ」と起こしてくれましたcherry

ほんとにおいしかったsign03

翌日、山登りに行くはずが、大寝坊!!(時間を大幅に勘違いしてた)おかげで、山登りは不参加。ごめんなさい↓↓

午後から3地区(モンゴルの原宿)に買い物にfoot

ブーツやらあったかいインナー、靴下、色々買い物してきました。よかった!!元気になってきたnote とおもっていたらMogの背後にスリがっっsweat01

半分、鞄のチャックがあいていました。幸い何も取られてませんでしたが…鞄は前に背負うように再度注意!! ちょっとのんびりやさんなMogなので危険down

時間があったので、再びガンダン寺へ

実は昨日行った時は、ボルハン様(観音様みたいな)を拝んで来なかったので。

再度!! と思った行ったら、拝観時間が過ぎていて見れなかったcrying

見せてあげたい。巨大なボルハン様を…

仕方なく、お土産やさんでお守りとか買っていたら、職場の妹さんが働いていて(以前も来たので聞いていた)後日、職場の人にガンダン寺に行ったことが知られていました。いんだけど、知ってたなら声かけて~。。(私はだれかよく覚えていなかった…)

Img_0064そんなこんなでMogは月曜から一人ツアーへ参加

(私は活動がありますので…ドロンしますシュシュシュッsign05

ツアー先のホテルまでみんなで送りにいきました。。意外と僻地の真ん中に立派なホテルがあって、ちょっと遠かった~sweat01

でも、おかげで穴場スポットを発見できました!

雪があって、川面に山が写りとても綺麗な景色でしたshine

モンゴル人はこんな距離でも、快く送ってくれました。

ayacoの友達だから。

というだけで…彼らは本当に面倒見がいいなと感じます。自らが「送ろうか?」と声をかけてくれます。私も日本に帰ったらいつか彼らに日本を紹介したい!!

「疲れた~」っていうまで連れまわして色々なところに連れて行ってあげたいなwink

みんな来てくれるといいなdelicious

なんて思いながら、帰りの渋滞の車の中で考えていました。(冬になるとますますホントにスゴイ渋滞)

そして、今日はいいことが2つ

家族から1つと、自分自身が楽しかったことが1つ。。でもそれは内緒smile

明日は腹痛で延期になっていた活動先での勉強会!!いよいよ勝負だ~!!

でも、今日同僚がROM(関節可動域)を測ろうとしていたときにゴニオメーター(角度計)のあて方もめちゃくちゃだし、読んだ角度もコレマタめちゃくちゃで…

普通に椅子に座れているのに股関節の屈曲が25°って…「そんなんしかないんかいsign03」って思わず笑って突っ込んじゃいました…down同僚も苦笑していました。。そりゃ問題だわ。

それなのに筋トレしかしていない…その問題点から訓練メニューまでの考察を教えてほしい… 一応「なんでこの訓練メニューにしたの?」って聞いたら「ん~。なんとなく」と言われました。思わずわたしも「そっか~」と。。  これはやりがいがありそうですねpunch

2011年11月14日 (月)

セレンゲ県の同期に☆

セレンゲで一人がんばるうちの同期(他にもセレンゲ隊員はいますが、うちの同期はセレンゲ1人、他UB隊員なので)の娘に会いに、バレーボールしに11月の始めに行ってきました!!

もちろんモンゴル列車(スゴイ長~い)Dsc02326

クラスは3つに分かれていて、行きはコンパートメントの「クーペ」で行ってきました。

大人1人 18900Tg (=1000円ちょい)

中は上下2段ベットが2つの4人用

待ち合わせに私が遅刻したからクーペになっちゃって…(いいわけをするとうちのバス停のそばで事故が起きてバスが全く来ない…タクシーも来ない) でもなんとか乗れたタクシーはモンゴル人の夫婦と相乗りで、いい夫婦で、「お金要らないよ~」と言ってくれました。あんまり相乗りは良くないのですが、このままではボゴン(列車)に乗れない。。

ので、いい夫婦だったので(タクシー待ちをしている間に少し話をしました)…

セレンゲまでは8時間半(夜中の移動なので景色は見れません)

一緒のコンパートメントになったモンゴル人の女性とおしゃべりしていたら、「財布がない~!!」と大騒ぎ。さすがに聞き取れない早さのモンゴル語で電話でしゃべりだしていました。

チケットを買った後までは覚えていたそうですが…お気の毒にdown

ボゴンの中は暖房が利いていてとても熱い(しかも私たちは全員上の段coldsweats01)乾燥しててとても寝苦しかった。。何度も目が覚めました↓

明け方5時半に、セレンゲについて(まだまだ真っ暗)隊員の家に到着night良く眠れなかったので少し横になり…

Dsc0213210時からセレンゲのバレーボール隊員の活動先でみんなでバレーしてきました!!

モンゴルの体育館ってなぜかペンキで全て塗られている…

なによりも久しぶりの部活並みの運動に心臓バクバクいっててとまんないcoldsweats02気づけばもう10年は運動してないんだもんな~。。

モンゴルチームは中学生ぐらいの男女混合チーム。でもしっかり取り組む姿勢にちょっと感動~bell

なにより自分の衰えにがっかりdown

肉体的にも精神的にも。。中学からバレーボールをかれこれ10年続けて諦めない心

を学んだはずだったのに、スリー面(3人でひたすらレシーブ・トスを回して行くって練習。うちの学校ではこう呼んでた)ですぐにつらくて「もう抜けたい~」と思っている自分に聞こえた言葉…

「みんなつらいんだ!!」

そうだ…みんな今めっちゃきついんだ。日本人の私より若いモンゴルの男の子に向けられていたこの言葉…諦めて逃げちゃダメなんだ~!!!あのとき、私は一体何を学んでいたのだろう。あの中高6年間、怪我しても辞めないで続けていた時に何を学んでいたのか… ちょっとでもズルして抜けたいなんて思った自分が恥ずかしい。。ほんとうに恥ずかしかった。

社会に出ていつしかずるくなることに頭を使っていたのかもしれない。最低だ。。そして、あの時どうしてもっとボールに触って練習する時間を持たなかったのか。。1秒でも惜しんでボールに触っていればよかった、と今さら後悔した。。

 もう時間は戻ってこないこと、

 いつでも一生懸命頑張らなければ未来の自分にそのままつながっていくこと、

 時間がたつにつれ、少しづつ人が変わってしまうこと     

3つを学べたいい時間だった。。

でも一生懸命練習して身に付けたサーブはまだ健在してた。打ちたい方向にかけたい回転をかけて落としたい位置にまだサーブが打てたことにちょっと安堵した。。

たまに外すけどcatface

試合結果はセット2-1日本チームが勝てました。勝負内容については触れません。それぞれおもうところがあったのですから。 それでもモンゴルのバレーボールチームがますますの発展をしてくれればうれしいです!またやりたいな~。

Dsc02178

セレンゲの川に流氷来てました!みんなでここで缶ビール飲みながらのんびりしながら遊んでいたら、先輩が川に落ちました。。二人で170kg近くあるんですがジャンプしたら氷が割れて二人とも足が濡れちゃいましたwobbly

Dsc02206 この彼、モンゴル人なんですが、バレーボールを教えている23歳。190cmあります!

おっきい~upwardright

この2日間、色々案内してくれてとても楽しかったですshine

夜はみんなでお好み焼きを食べました~!!やっぱり関西人がつくるお好み焼きは美味しいですねhappy02

が、しかしお腹の調子が優れず早々に同期隊員の家で死んでいました…ずっと正露丸が手放せないwaveどうしたものか…

翌日はセレンゲの観光名所巡り(北モンゴルのロシアに接する県なので色々あります)

まずは国境をみよう!!ということでロシアとの国境をみてきましたDsc02216ちょっとわかりずらいけど、この白い線は川が凍ったもの。

この少し奥に国境があってそこからが!!

日本に居ると国境なんて見たことないから、すごい感動しました!!景色も雄大で、少し風が冷たくて気持ちよかった~sign03 写真ではつたわらないんだよね…

ちなみにみんなで穴におさまって露天風呂に入った気分を味わってみましたspasmile

Dsc02233_2

    いい湯だな~note

そのあと、「母なる木」という立派な木へ行き、お願い事をしてきました。

Dsc02308 ここもなんだかPower spot的な空気感を感じました。なんか神聖すぎてわからないけど。

この木は一度折れてしまったそうです。みんながお参りに来るときに掛けていくこの色とりどりの「ハタグ」そして神聖な白いモノとして巻いていく「牛乳」 正直、結構匂います。きっとこれらの重みで折れちゃったんでしょうね。。 そのほかモンゴルウォッカやお米なんかも蒔きます。

なぜか入口にはマッチを差して入ります。出るときはお尻を向けてはいけませんので、お尻から出ます~catface なぜかハンドルカバーも木にかけられていました。交通安全祈願かな???

周りは全てお茶っぱで縁どられています。大きすぎて全貌が把握しにくいです。

となりに子供の木もありました。

Dsc02319

青空に色とりどりのハタグ。

そして、帰りはやっぱりショッピング~!!ってことでセレンゲのザハに行きました!ロシアに近いだけあってロシア商品(衣類や食料品)がたくさん! 燻製だけど魚も売ってますfish

帰りのボゴンは2番目のクラスのハガスDsc02333

(モンゴル語で 半分 って意味)で帰宅。ココも上下2段ベッドなんだけど、コンパートメントみたいにはわかれておらず、窓際にもさらに2段、1区画に6人が入ります。

コンパートメントのようにわかれていないのでちょっと寒かった~

大人1人 11800Tg 

なによりも精神的な成長(?)に気づかされたいい旅でした。。セレンゲ住みたいな~。

Dsc02210 セレンゲの野ら犬はとってもかわいいww

UBより子犬もいて、なんだか愛らしいribbonがんばって寒い冬を乗り越えてね~dog

なによりメグちゃんが元気でくらしててよかった!一安心notes

2011年11月 3日 (木)

namarin ypt shnu tsag

タイトルはたぶん、モンゴル語で「秋の夜長」ってこと。たぶん。。モンゴル人はメールするときとかいちいちキリル文字を使わずにABCで同じ音を使ってメールする。

自分で書く時はキリル文字。きっとそういうものなんだろうな。

最近、秋ではないけど(明らかに冬の気温)夜が長い。することもたくさんあるんだけど、うまくはかどらない。つい背きたくなる。私の悪い癖。。

≪三つ子の魂 百まで≫   なんてことわざがあるけど、ホントにその通りだ。大人になっても相変わらず良く寝る子。。3度の飯より眠ることが好き。。ご飯を食べてもたいして体調は整わないけど、眠ると体調が戻ってくる。。困ったもんだ。いくら寝ても寝たりないし、まだまだ寝れる自信がある。

日本では今、秋の季節だからこっちにきても眠いだけか?

いや、年中眠たい。その割に夜更かしも好き。体質の問題か?

夜中にすることといったら眠たいはずなのに、ネットサーフィンや読書、友達とチャットするくらい。大した時間を過ごしてはいないけど、こうゆうのも大事。

職場では眠くならないと言ったらウソだけど、眠ることはない。なんせずっと体を動かしているから。きっとデスクワークの仕事をしてたらすぐにクビになるだろう。。

日本にいたらすぐに携帯で誰かと話せるけど、ココでは国際電話になるからそうそう電話なんてできない。ネットで話せる相手も限られてる。日本の友達みんなと話せるわけじゃない。

ん~・・・みんなと話したいな。。でもまだまだ帰る気はない。もちろん帰れないけど。

こんな夜長は2年後の自分の身の振り方も含めてゆっくり考えよう。

ところで、今日本ではいったいどんな芸能人が活躍しているのか?ipodの中身もとくに更新されず、一番新しいのはたぶん…6月に入れた曲。。どんなドラマがはやっているんだろう。NHKの連ドラくらいしかわからない。。。笑

2年後、日本がどうなっているのか楽しみだな。もちろん自分自身の変化や、職場の変化も楽しみだ。

今、うちのマンションの向いのマンションも建設中。。道路も綺麗になりつつあって完成が楽しみ。きっとこうやってUBは変わっていって数年経てば変化しすぎてどこに何があるのかきっと生まれ育ったモンゴル人でもわからなくなるんだろうな。現に、私たちが教わったモンゴル語の先生(UB出身 現在日本在住)も 「たまに帰ると変わりすぎててわかんない」 って言ってたっけ。。

そして今日もシャワーの修理人(Maxさん)は来なかった。。どうしてだ!? うちのシャワーの水圧は水漏れのせいで低い。。

なんだかすっきりしない。。[惜しい] この言葉がぴったりな感じ。

これだけ綺麗なのに、新品なのに、だからこそ惜しい。

ちょいちょい惜しいのです。

電気も豪華なシャンデリアとか間接照明がたくさんついてるけど、つかないソケットもたくさんある。。なんで??そこにはめてある電球代が無駄に思えるくらい。

そしてなにより惜しいのは玄関がないこと。扉をあけるといきなりフローリング!でも靴を脱ぐ習慣はある。境目があるとないのではずいぶん違うなと気づいた。

こないだ見た星空、とっても綺麗だったな。。北斗七星がスゴイ低くて、天の川がはっきり見える。こんな星空生まれて初めて見たかもしれない。たぶん日本のどこにいってもこんなの見たことないくらいの星の数だった。。UBじゃ明るくてうまく見えない。またバガノール行って星見たいな~

とか、自分の家からの星空を見ながら色々思っている今日この頃。

明日の仕事は頚髄損傷のクリニカルパスの翻訳の続き。。モンゴルでは身障手帳とかあんまり関係ないから翻訳できない。けど、「これなんだ!?」と聞いてくるから説明するもうまく伝わらない。単純に「要らないよ」と言っても納得できないからちゃんと説明したいんだけど、うまく伝わらない。日本の看護制度とも違うから入院計画なんて立てない。看護師じゃないからむしろ立てたことないからこれもうまく伝えられない。。勉強不足だと痛感した。それでも何かを作り上げて行くのはとても楽しい。

Dsc02063 肘の骨折3回 手術後のリハビリに通っているエンフマー君11歳

かなりの仲よしさんです。

意外と恥ずかしがりやで、エアロバイクに乗ってみたいけど、自分からは言えずにもじもじしてお母さんに「乗りたいなら自分でいいなさい」と言われていました。見ていて楽しいので彼が言うまで気づかないフリしていました。今、馬頭琴を練習しているそうで、肘の拘縮があるので90度以上屈曲出来ません。これからどうしようかとお母さんと相談してます。

そしてひとつ驚いたこと。

この子が履いているジーンズ。裏地が毛付きの冬用ジーンズ。でも上はTシャツ!! 

さすがモンゴル!!!ジーンズまでもが!!!…あったかそう。。 スニーカーもちなみに中に毛がついた裏地付き。

ん~!!本格的な冬がただただ怖い…

2011年11月 1日 (火)

☆引っ越し祝い☆

note先日、ついに引っ越し祝いをしましたribbon

モンゴルにきて3ヶ月家がない中、活動が始まり、職場のみなさんに家探しを手伝ってもらい(結局見つからず先輩隊員の家に住みましたが…)感謝の気持ちを込めてやってみました。モンゴルでは引っ越し祝いするのです!いちいち友達の家に遊びにいくのに手みやげは要らないそうですが、こういったお祝い事のプレゼントは半端ないプレゼントをくれます!!

「гоё !!」(素敵な、かっこいい!! 的なニュアンスです)

Dsc02118素晴らしい額縁(実は本気で買おうか悩んでたくらい欲しかったやつデス)この額縁の中にはモンゴルチベット仏教の子道具(お守りみたいなモノ)やら、羊の踵骨(これも縁起物)、鈴、ミニチュア馬頭琴が入った額縁です!さっそく壁に飾りました!

そして寒がりな(普通だと思うけど、寒さ慣れしてるモンゴル人からすると寒がりに見えるようです…)snow

羊のフェルトでできた室内履き用の靴diamondと、ラクダの靴下footあったかぁいheart04 そしてお決まりのモンゴルウォッカcoldsweats01 今回は要らないよ~っていったけど、そうはいかなかった…「飲まなくてもいいのよ!」っていってくれたけど、今飲まないでいつ飲むんだよ~ww

Dsc02120結局大勢いたので飲むことにしましたbeer

職場の人が⑭人とJICAなどの友人が⑤人で20人前後いました…まぁよく家に入ったなと感心しましたshine

ご飯はJICAのトゴーチ(料理人)達が手伝ってくれました

と言っても、私はおにぎり握ったくらいで後は何もしてないですが…

ゴリアシ(牛肉の煮込み)風、リクエスト料理のマーボー豆腐(豆腐買うの忘れたsweat01)とグラタン(耐熱皿ないのに食べたいとダダこねたcatface)そして何種類かのおにぎりと日本からのおつまみやらお菓子やら…全て平らげられましたcatよかった~!!

手伝ってくれたお父さん、Mさん、のりこ、K、よんらん、本当に本当にありがとう!!そしてお皿を買ってくてくれたYさん、本当にありがとうございましたfoot

次はOTの引っ越し祝いをしようとおもいますsign05はやく家が決まるとイイですが…おそらく私と同じ状況になりそうです。。ん~…

みんなが帰ったあと、一人床掃除しました。。モンゴル人土足で入って来たりするのでかなり大変でした…楽しかったからまぁいいや(*^-^)

うちのシャワー、ずっと水漏れしてたのでついでに修理の電話を同僚にお願いしました。翌日来て修理してくれたのですが、普通に大家の弟が来て修理していってくれました。英語が出来る方だったのでモンゴル語と英語で説明してくれました。しかも良いんだか悪いんだか。。。下の階の住人から水漏れしてるとのクレームが…「今修理してるから!」といって謝りましたが、わたしのせいではないng

結局シャワーを総取り換えして壁の隙間も接着剤で埋めました…さっそく新しいシャワー(Made in Russia)を使ったら開始3分でヘッドの根元のとこが避けてそこから水が噴き出しました…downなんでこうなっちゃうんだろう。。新品なはずなのにcoldsweats02

ん~まだまだ事件は起こりそうな予感… そろそろ冬だからあったかいオシャレインナーを買いました!モンゴル寒いので、わりと防寒衣などはそろってますsnow 北海道に帰っても使えそうな感じなので買い物してても楽しいsign05 

あんまり買い込みすぎると年下のノリちゃんに「そんなに買っても持って帰れませんよ!わたし帰る時に手伝いませんからね!!」としっかり怒られる今日この頃…weep

2年後の自分の荷物の量が心配だなcatface

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »