無料ブログはココログ

« Mongolian Police | トップページ | 7ヶ月たった今思うこと… »

2012年1月21日 (土)

POWER SPOT ~サインシャンダ~

1月14~15日で、モンゴルの南側にあるDsc03080

”サインシャンダ”という町に行ってきました。

実はここ、こないだ日本から来た友達と行きたかったけど、何せJOCVがいない街。。泊る場所やら行き方がいまいちわからずに断念…

今回は先輩の旅に便乗してきましたcatface

この町、何がすごいって、パワースポットなんです。

モンゴル人でも一度は訪れる場所!!

しかし、今回の旅行「行き当たりばったりな旅」ということで、不安もかなりありました。だって、サインシャンダに行ってからのこと、全く決まってなかったんだもん…

一応、お金はいつもの旅行の4倍は持って行きましたdollarぼったくられても帰って来れるように…www

土曜の朝、一人でUBを出発train(先輩は途中のチョイルから乗車)

初めてボゴン(モンゴル列車)のチケットを買い、かなりドキドキ…heart02

ちゃんと通じなかったら困るから、紙に言いたいことを書いて切符売り場のお姉さんに渡しました。(小学生か!!笑)

無事にボゴンも発射!しかし、先輩が乗ってくる駅まで6時間。。。かなりヒマだった。しかも買った車両のパール(温水暖房)は故障してて寒いweep 隣の車両に引っ越して、居眠りしながらようやく6時間、先輩たちと合流clip

そこからさらに5時間。。暇すぎて本でも持ってくればと後悔…

サインシャンダに着くまでにおよそ12時間弱ボゴンに乗りました。。疲れた~down

さて、つくのは夜8時。。今夜のお宿は?…ありません。。

明日の移動のタクシーもない。(町からパワースポットまでは結構距離があるのでタクシーでないと移動できません。何せ草原の真ん中にあるので…)

なんとかせねば…と、隣の区画に座っていたおばちゃんに声をかけて見る。他にも人はいたけど、一番人のよさそうなおばちゃんにTRYnotes

「サインシャンダのこと知ってる?」

「知ってるわよ~!!どうしたの?」と寝ている体を起して食い入るように話をしてきました。

「今日のホテル決めてなくて、どっかいいとこある?」

「だったらうちのホテルに泊まんなさいよ」って。え~っ!!!!!いいの~happy02

明日のタクシーも話をつけてくれるらしい。。なんだ、この展開!!

やはり、OSICの語学の先生が言っていたようにKey personは”おばちゃん

なんとかなった!!不思議なめぐり合わせに感謝感謝paper とりあえず、駅からおばちゃんのホテルまで送ってくれ、今日はここで1泊。 が、しかしここホテルか??ホテルっぽいけど、思っていたホテルとかなり違う。。食堂やらいろんな部屋がある。。ホテルなのに裏グチから入る…ん????

まぁ、でもベッドとカギのあるお部屋であればこの際、なんでもよし!!

とりあえず明日に備えて寝ましょうsleepy

翌日、一緒におばちゃんの娘(現在シカゴの大学生。昨日モンゴルに帰ってきたらしい)さんと一緒にパワースポットへflair

19世紀に活躍したラマ(僧侶)Dsc02953

ダンザンラブジャー。彼は詩人であり、作家、哲学者でもあったようです。まずは街中にある彼の博物館に行きました。

博物館の前にあるダンザンラブジャー像

この博物館には彼のゆかりの品が、展示されています。外国人用に英語でも説明が書いてあるのでわりとわかりやすいupっていっても普段話すときはやっぱりモンゴル語の方が簡単だけど…sign05

博物館の中は写真OKでした。他に人もいなく、貸し切り状態でした…w

Dsc02936

彼が使っていた箱。何を入れていたのかはわかりませんが、アンティークのイイ感じの箱heart04

観光客が触ることもできます。と、言うことで中を拝見!!

普通にスーパーの袋などが入ってましたcoldsweats01

ここが、モンゴルと言ったとこでしょうか…笑

Dsc02946 伝統芸能を踊る時のお面

とっても大きいです。よく、どくろのモチーフを見かけました。この赤いお面のサイドにもモチーフがついています。当時の衣装なので、とっても素敵な生地でした。

このほか、お経を読むモノやら銃やら、展示されていました。仏教信者ではありませんが、こうやって仏教の道具を見ているのがホントに楽しい。この博物館に展示されているモノはけっこう私の琴線に触れるものが多かったように思えます。

続いては、草原の真ん中にあるパワースポットへup

ここへは車で約1時間くらい。色々なところに点在しているのでタクシーが必要なのです。1日かりて一人20000Tg(1300円くらい)

Dsc02967まずはここ!!おっぱい岩sign03

ここにはやっぱり牛乳をささげます。この岩の上の方に見える白いのは牛乳です。この寒さですぐに凍ってしまいますが、夏場はきっと乳臭いのでしょう…ある意味冬にこれて良かった!!

そして草原にこの標識…妙にマッチしてしていておもしろかったnotes

草原なのに、時折”一時停止”の標識もありました。一時停止、必要かsign02

ここにくると子供を授かることが出来るそうです。

さて、さくっと次のポイントへ~dash

Dsc02973 ここはお寺。門の入り口にある目を見つめながらお願い事を唱えます。

ん~、なんだか吸い込まれそうな…

そしてここの中に入り、大地に寝転がりパワーを吸収したり、アリヒ(ウォッカ)をささげて歌を歌ったりと、色々な儀式を行いました。

Dsc03000

ここの管理人のおっちゃんがかなりおもしろいひとで、一緒に居たシカゴ帰りの女の子にひたすら英語をならっていた…

やはりモンゴルではOK、Sorry、Thanks以外は通じないので…外国人観光客がくるこの場所で英語は必要なのでしょうね・・・

ここら辺一帯は携帯電話でもパワーを送れるらしいです。(本当かな?)

携帯も充電できるとか…

もっとゆっくりしていたいけど、時間がないのと寒いのでで、ささっと次へ行きま~すcar

というわけで、次回第2弾にわたってお送りしますmm

« Mongolian Police | トップページ | 7ヶ月たった今思うこと… »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おもしろい旅してますね(^_^)
楽しそう!!
写真みたけど空めっちゃキレーやね~!!

今回はスゴイ天気よかったんだ~!!ほんと、ブログに書いてて、自分結構デンジャラスだったな~と思った。笑
でもなんとかなると思えてきたの。(ただの慣れかな?)日本にいたら逆に出来なかったな。こんな旅…

こんばんは。サインシャンダでは、なんという名前のホテルに宿泊されたのでしょうか?
また一泊いくらでしたか?

よろしければ教えてください。

azlさん。
こんにちは

ホテルの名前はわかりません。ほんとにホテルなのかもわかりません。笑
泊まったところはおばちゃんが経営しているホテルのような施設でした。3名1泊で1万Tgでした。かなり格安だとおもいました。(トイレ共同、シャワーなし)
ホテルは街中に何件かあります。駅に付いたらタクシーの人に相談するといいですよ!2~3万Tgは予想したほうがいいかもしれません。
なにかありましたらまたご相談に乗ります。

こんにちは。
ご返信頂いていたのに、気づかずにすみませんでした。
ホテルは街中に何軒かあるのですね。ありがとうございます。
タクシーは、駅にいつも常駐してるのでしょうか?

私は初モンゴル&モンゴル語まったくできないので、色々きいてしまってすみません;;

azlさん
こちらこそ返信が遅くてすみません。
タクシーは白タクです。とくに地方は白タクしかありません。さほど危険性はないかとおもいますが、用心して利用してください。
なので、道を歩きながらでもつかまえられます。駅にいるのは列車が到着する時間帯が主です。 モンゴルにこられるんですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365510/43822748

この記事へのトラックバック一覧です: POWER SPOT ~サインシャンダ~:

« Mongolian Police | トップページ | 7ヶ月たった今思うこと… »