無料ブログはココログ

« I ♥ camel | トップページ | ボルガン マルガン »

2012年5月25日 (金)

ダルハン マルハン

happy01だいぶ、更新してませんでしたが、元気にやってますcatface

先日、UBの北の方(モンゴル列車で5時間くらい)モンゴルでも大きい都市「ダルハン」に行ってきました~

ダルハンマルハンっていうのはモンゴル語で ダルハンとか って意味です。話すときに使う言葉です。その他でも、頭文字をMに変えればいいだけなので応用できます。

モンゴル餃子の「ホーショール」はホーショールモーショールとなります。ちなみにこの モー はモンゴル語で「悪い」という意味。モンゴル人はよくこの言葉をつかってホーショールは油が多いのでモー(悪い)という感じで使います。。笑

たしかに毎日食べているとまさに肥満の原因になるので悪い食事です・・・笑

と、久しぶりにモンゴル語も紹介したことですし

今回はダルハン旅行記です~notes

Dsc04003


ダルハンは大きな街なので旧・ダルハンと新・ダルハンがあります。ちなみに住宅街は新・ダルハンの方。駅も二つあります。

newダルハンはシニアボランティアも含め、現在7名のJICAと、1名の日本人教師(個人できているそうです)がいます。結構大きな街の証拠です。人口はわかりませんが・・・

そして、今回のダルハンの旅の目的は「ゲル基金バザー」のお手伝い!!Dsc03751

品物は帰国する隊員の私服  だって、モンゴルって寒いから冬物t-shirtとか大量に持ってきたりするけど帰るときにはやっぱり置いていく。T-シャツなんかも含めて300点くらい。先日、UBでもこのバザーをやりましたが、その時より明らかに品物が多い!

売上金も40000Tg位ちがったな~moneybag (2600円くらい)この売上金は後日、ダルハンの学校で必要なボールbasketballや本等bookを買う資金となります。つまり、古着リサイクルでモンゴルで使えるものをモンゴルで買うdollar

このときの服代はモンゴルで新品を買うよりは明らかに安い。多分1/20くらいかな??

そして、開催場所が小学校の校門なので、子供もたくさんくるということで日本の遊び紹介も兼ねて・・・折り紙やらベーゴマ、けん玉、書道まで!!ほんとに盛りだくさんhappy01

Dsc03760
すごい人気

むしろ、べーゴマやったことない・・・笑

みんな流石です

飲み込みが早いbleahgood

が、しかしこのあと、けん玉が紛失するという悲しい事態も・・・

んも~ 持って帰らないでbearing

Dsc03762_2


折り紙は、ユニット型の箱を作るのが大人気で一番最後まで子どもが引かない引かない・・・delicious

折り紙はやはり日本の文化ですからね

日本では100均にも売ってるけどモンゴルではありません。あってもすごい高い・・・

Dsc03764

書道も、大行列sign03

とはいいつつも、私は販売係なのでこっちも忙しかった~

そして、シニアの方の奥様も日本からいらしており、バザーの後は日本食に大感動riceball大盛り上がりnote

そのあとはダルハン観光

まずは駅でおなじみのジャンプ(写真はジャンプしてませんが・・・www)Dsc03789

そしてそのあとはザハ(市場)をぐるぐる ほんとに大きいから屋内・屋外合わせても半日はぶらぶらできるくらい!

Dsc03794

そして暑いね!ってことでやっぱりビールbeerbeerbeerbeer

晴天の下、仕事してからのビールは格別!!!!うますぎっっ!!

レストランの外では水撒きしてたのでそこで戯れる大人4人・・・sun

このあと、不思議いっぱいのダルハンの公園へDsc03816


 

すっごい広いfujiそしてこの広さと比に合わない利用者数・・・・どこまでも続く1本道

Dsc03797

そして時々道の上にいるアニマルスピーカー (これはかわいいから日本にも欲しい)どういうしくみなのか・・・

Dsc03799
へんちくりんな列車。。

なぜか門だけとか・・・

この列車、動くわけでもなく、線路も列車を置く分しかない。。中には日本と同じような落書きが。。相合傘とか、バカとか・・・万国共通なのかしら~

Dsc03803


そして、サビレた遊園地・・・今は利用客はいないみたいだけど・・・そもそもこれ、どうやって乗るのsign02

さらには壊れたけど、自力で回す遊具まで・・・

床の板が腐って穴だらけだけど、地元の子供に大人気!!決して一人では遊べない・・・とか、もう色々ありすぎて・・・とにかく、安全管理がどうこうとかのレベルじゃない~

昔、ほんとに使ってたのかな?とか本気で知りたくなって想像して・・・でも全然ダメ。自分の脳みそでは遥かなるモンゴルの歴史は想像できない・・・

気づいたことは、日本とちがってブランコってないな~Dsc03813

いきなりの乾杯パンダさん 相手がいませんが・・・ こんな感じがモンゴル!土地余ってるからか、公園広すぎて一日では足りないsoccer

そして、ダルハンの広場へ

ここの新しくなってて子供たちがインラインしたりして遊んでますrunうん、ここなら綺麗に整備してあるから安全に遊べるね

sign01sign01しかし、調子こいてみんなでバレーボールをしてたら見事噴水の噴射口の穴に左足がすっぽり膝下まではまりました。変に落ちなくてまだ助かったのかもweepそしてなぜか横で笑ってたKJさんもすっぽり。。なんで~sign02

これ、後日ボッコリ腫れてめちゃくちゃ痛かったwobblysign03sign03 上見てボール追いかけてたもんだから脛骨強打bomb痛すぎて泣きたくなった。。まさかこんな仕打ちが・・・crying

そして夜はみんなでお食事を食べて、展望台へcamera




Dsc03840


この電飾の橋が(陸橋)ダルハンの名物かもwink ちょっと夜から砂嵐typhoon強くなって寒かったけどなんとか橋へ行くこともでき、無事ダルハンを観光しました~shine そして夜2時に次の目的地へ旅立ちます~up

そもそもこんな時間にタクシーcar捕まるのかよsign02って思ったけど、10分ほど待てばなんとかつかまるもんですね。よかったsign05無事、列車にのってまずはエルデネトへ~

ダルハン行きの列車trainはUB8時20分発のダルハン夜中の1時着です~ははは。。

だからダルハンへ観光へ行きたい方は(ダルハンに知り合いがいない方)日中のバスbus移動をおすすめしますpaper

今回は写真盛りだくさんでしたね!たまには写真メインでshine

Dsc03838

« I ♥ camel | トップページ | ボルガン マルガン »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365510/45399828

この記事へのトラックバック一覧です: ダルハン マルハン:

« I ♥ camel | トップページ | ボルガン マルガン »