無料ブログはココログ

« ダルハン マルハン | トップページ | セレンゲ メレンゲ »

2012年5月25日 (金)

ボルガン マルガン

というわけで、ダルハンからの深夜2時発の列車に乗って、エルデネトという大きな街経由か~ら~の~ ボルガン

Dsc03856


ここはダルハンよりは小さな町・・・ボルガン県のボルガン

マンションも4階建以上はほぼない。UBみたいにゴチャゴチャしてない。エレベーターもなし

ゲル地区も遊牧民のゲルというよりは木造の平屋建てが多い町。なんせ、木が豊富

モンゴルで木が多いということはそれだけで素晴らしい町なのです

Dsc03860


そして、ここでの目的は、保健師の活動見学 6月に帰国予定の隊員なので、滑り込みセ~フ

彼女はここで、保健師として各幼稚園をまわって、手洗い・歯磨きなどの基本的な衛生指導してます

Dsc03922 

モンゴルはやはり水が少ないのできちんと手を洗う、もしくはウェットテッシュで拭くということが大事なのです水が貴重で、草原にもよく行く国民性 ものすごくたくさんのウェットテッシュが売られています。だいたい、普通に持ち歩いています。

レストランとかでもおしぼりは出ませんからね 必需品です

Dsc03946
子供の頃からあま~いお菓子を食べているのでこれまた虫歯だらけ・・・永久歯が生え代わるまで歯ブラシを使わないという子、たくさんいます

患者さんでも小さな子の笑顔はどこか悲しくなるくらい、みそっぱです・・・

という、衝撃の事実に立ち向かって日々活動している保健師さんです。

ほんとに、歯磨きしないってどういう生活なわけって思うくらい私には衝撃的な事実でした。。口腔内はバイ菌だらけなんです。

もちろん、虫歯のない子もいますが、統計をとってみると半数以上は虫歯が1本以上ある。1本もない子なんて各クラスに1人か2人・・・おいおい

Dsc03846_2
ちなみに、ボルガンにはエルデネトからバスに乗って移動します。これまた発車時間が微妙・・・ まだ時間あるからとスーパーで買い物してたら、運転手がもう行くから急げ~

って、事前に乗るって言っておいてよかった。。

バスの中では爆睡・・・あやうく降り過ごすとこでした。3人いればなんとかなるもんですね

ボルガンはのんびりした町なので、ここでものんびりする予定

そして、町で唯一の信号機Dsc03847

はたして、本当にいるのか!?と思いますが、いるんです!事故はないけどみんなちゃんと交通ルールを守ります

すばらしい UB市民よ見習ってくれ~

そんなこんなで、ま、とりあえず現地合流の他の隊員とかもみ~んな一緒に 石ゲル 

Dsc03862
石でできたゲル。そのまんま・・・ ちなみに人は住んでいません。お墓です。

うちのリハ看護師のおじいちゃん達もここに入っているそうです。せっかくだから中見たかったな。

ここで、しばしお昼寝タイムなんぞ取りつつ・・・

いい天気だから気持ちよくなっちゃったんですね。

Dsc03871
なぜかダッシュする男3人・・・

目指すはあの丘の上にあるオボー(安全祈願の石積み)

がんばれ~

そして脱ぐ。。Dsc03880
オボーのまわりをいつもみたいに時計回りに3周・・・服を脱ぐよりも石を積まなければ行けない場所です
なにかの儀式なんでしょうかね???

Dsc03878


何やってんのか遠すぎて望遠レンズ越しにしかわかりませんが・・・ 

とりあえず面白すぎるっ

にしても、一眼楽しいな~望遠レンズいいな~

自分のカメラほし~な~買っちゃおうかな

そして、電灯に登る人・・・笑

Dsc03886

色々ありますね。

昼寝してたらゴザで簀巻きにされましたう~ん。せっかくのお昼寝が・・・

そして、午後からは草原でバレーボール

再び。こけられない戦いがそこにはある

草原にはガラスの破片も落ちていますから。慎重にね・・・

と、思ったらボールが破裂して、裂けました。さすが安いだけある。250円 Made in CHINA

夜はみんなでお鍋パーティーして、大富豪で大盛り上がり。負けるとモンゴルウォッカのアリヒ・・・こんなかたちで持ち出されるお酒って・・・

で、おうちに帰ってふと目をつぶってみると、気づけば夜中の4時・・・「トイレトイレ」と目が覚めた時には部屋の電気も消えて、他のみんなも寝てた。全く気づかなかった~

よほど疲れていたんですね・・・結構、強行な旅で夜中に電車乗り降りしてるからゆっくり寝れなかったからかな。年には逆らえませんね

翌日は、保健師の活動見学と、Dsc03933

ボルガンの病院見学。

幼稚園の子供たちと体操してきました。かわいい~ みんなかわいい~

Dsc03943


病院内のリハ室に行きましたDsc03967
わくわくして行ったら、意外とこんな感じ。やっていることはマッサージと吸玉。。運動療法なんてものはない。伝統療法を行なっているだけの部屋。木製のベッドの上にシーツをのせただけ。。固そう・・・

たしかにここまでPTがくるっていうのは数年先の話になるとは思うけど。。

ほんとすごい医療格差でした。衝撃的すぎた

ここでも骨折後は運動とかもできるようになるといいね と、案内してくれた保健省の方とお話してきました。彼女もそのことは分かっているのですが、人がいない。。

むずかしい問題です。

そして、夕方の列車でUBへ帰るんだ~~

と話していたら、保健省の一番偉い方の娘さん(UBの医大生)もちょうどUBから帰省中で一緒に連れて帰ってくれないか?ということで一緒に帰ることになりました。

おかげでエルデネトまでこの人の運転手が送ってくれることになりました。久しぶりのゆっくり草原ドライブ!しかもコンクリの道~ 景色も最高!揺れない!いつしかまた眠りに落ちていました

エルデネトからUBへの列車内は再び、トランプゲーム!ババ抜きを教えてあげ(ルールが一番簡単だから) モンゴルのカードゲームも教えてもらいました。

コレ、負けるとトンデモナイバツゲームが。。 隣の区画に乗り込んで一緒に変顔を撮るとか、車両内を踊りながら1往復とか・・・ほんとにツライ。。そんな中、隣の区画には可愛い中学生の一行が

エルデネトで吹奏楽コンクールがあったそうです。もちろん楽器は二胡とかの伝統的なやつ。入賞したそうです。すご~い

彼らもまた、カードゲームで遊んでいたので、お互いの罰ゲームが気になる様子。たまに、こっちへ来ていきなりラップで自己紹介とか・・・かなりハードル高い

そんなこんなで、しまいには深夜のPC映画鑑賞が始まりました・・・

意外とおもしろい。もちろんモンゴル語なんだけどわりとわかりやすい内容で・・・

でも私たちいい大人は若さには勝てずにウトウト・・・ベッドを占領されて・・・眠いよ~

というわけで、若い彼らは2本ほど映画見てました

撃沈・・・

朝、目が覚めるとそろそろUBというところ。1dsc04006

でも子供たち、起きるのも早い朝からワイワイ賑やか~

さすが10代のお肌は朝からピカピカすごいな~

無事に、自宅へ帰宅後、いつもの出勤時間に間に合うのでそのまま仕事へ~

楽しすぎた週末でした 仕事が手につかないょ・・・

みんなに旅の話をしたくてしょうがないww みんなが「うんうん。よかったね~」と聞いてくれる。

モンゴル人が大好きな夏の草原もそろそろ新緑で満たされる時期

今週末は再来・セレンゲ県だ~ まってろ~スフバートル~

« ダルハン マルハン | トップページ | セレンゲ メレンゲ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボルガン マルガン:

« ダルハン マルハン | トップページ | セレンゲ メレンゲ »