無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月13日 (水)

夏突入!でもお金はない!

6月も半ばになりました。だいぶ、天気も落ち着いて、わりと暖かくなりましたが、相変わらずうちのリハ室は日当たりがわるく、寒いです。。それでもリハ科の中では1番暖かい部屋なんですが・・・寒いです。

6月上旬のボランティア総会という大きな会議も無事終わり、いろいろな会議も一段落。。

と、おもいきや下旬には新隊がくるというので、それに向けてドミの大掃除やら買出しやら修理箇所の手続きやらと、まぁまた活動以外の仕事に追われつつ・・・家族の来蒙、メールチェック・・・

ほんと、休む暇ねぇ~。。寝て、すべてを忘れたい。

夢を見たところで、現状は何も変わらないのですがね。。

というわけで、世の中(モンゴルに限る)、もう夏休みです。夏休みって言ったって、モンゴルは6月~8月まで夏休み・・・休みすぎ。みんな休養地に家族と出かけます。いいですね~

のんびり田舎で過ごす日々・・・

想像しただけで、ムカムカします。笑 正直、周りが夏休み期間に入って楽しそうな感じが羨ましい・・・ 学校の先生っていいな~。。 日本に居たときは夏休みなんてそもそもなかったからなんとも思わなかったけど、ここまで来るとやはり羨ましい。。

ということで、今年の夏は夏休みを少々もらって田舎へとまろう!ってな予定です。別に一人旅で、宿探しからはじめることはしませんが。。予定ではモンゴル横断できるかも・・・2400Kmくらい??どうなることやら。。患者さんやらまた、同僚のツテを頼ってどうにかこうにか安くあげたいな~ 

今日は患者さんにお昼をご馳走になり、その分たっぷり働きました。ちょっとお腹苦しい。

しかも今朝、疲れていたせいか、起きる時間を間違って1時間も早起き♪なにも気づかずそのまま出勤。(ただのバカ) こんなこと、今まで1度も無かったのにーっ

早く来すぎてことにようやく気づくことができ、ヒマなので、現在入院中のカウンターパート(CP)の病室へ行って、軽く朝寝。。のつもりが、やさしいCPのおかげで結局一睡もできず。。

実は先日、うちのCPが通り魔に襲われ、負傷・・・ 鼻骨骨折、内蔵からの出血で入院中です。鼻も治して、現在は療養中。だいぶ、元気になりました。しかし、この通り魔、何もとらずに殴るだけ殴って逃走・・・ なんたる事件。もちろん、警察が介入してきます。

モンゴル人同士でも色々事件は起きるんですね。こわいこわい。。

彼も元気になったので、最近では院内を少しづつ散歩したりしています。その間私は部屋でお見舞いのチョコをつまみ食いしたり、ウトウト昼寝したり、同室の方とおしゃべりしたり。。そんな毎日の日課をこなして、家に帰る頃にはヘトヘトです。。(大した見舞いはしてないのですがね・・・えへへ) いやいや、こうは言うものの、きちんと差し入れ買ったり、腰をさすってあげたり実はちゃんと介抱してるんです。

うちのCPは「俺のモノは俺のモノ、おまえのモノも俺のモノ!!」と、ジャイアン丸出し・・・笑 というわけで、CPのチョコは私のもの!と言い張っています。ただ単に、チョコが嫌いなCPが分けてくれるだけ。(モンゴル人でも甘いの嫌いな人いるんですね~)

夏が楽しみだけど、そのせいかしらなんだか疲れも溜まる。用事も増える。。

昔はバス通勤でもイケたのに、今は毎日バス乗って市の中心地まで行って用事をたすことがツライ・・・ ひきこもりたい。

モンゴルは日本とちがって、荷物は個人のものであっても私書箱に届けられます。家のポストへは直接来ません。郵便局員が、電話で「荷物あるよ~」と教えてくれた際に、近くの郵便局まで届けてくれたり、家まで持ってきてくれてりします。少々めんどくさい。

個人で私書箱を借りるときは15000Tg/年 だそうです。1000円くらい。やすい。。でも結局は取りに行くっていう・・・日本のサービス(時間帯お届け)を教えてあげたら「いいな~」と。「でも首都ならまだしも、地方都市では難しいわね」と。確かに、人口密度が比じゃないからな。割に合わないよね~。

どうしたものか。。

さて、今週末も予定ビッチリ!! お金はなし!! やることやったらさっさと就寝!! 

これにつきますね。

さて、何から手をつけようかね~・・・

2012年6月 1日 (金)

セレンゲ メレンゲ

先週末は、モンゴルの一番北の県、セレンゲ に行ってきました~ 2度目ですscissors

今回はここでホースライディング(つまり乗馬horse)してきやした~catface

翌日から、なんだか全身バキバキ言ってますが、背中の筋肉痛が半端ないですが・・・なんとか1週間働くことができましたgawk  ちなみに6月1日はモンゴルでは「子供の日」というわけで祝日ですbellすてき~!!3連休happy01 何しようかな~ とか考えていたけど、よくよく思い返してたら色々用事やら仕事があること忘れてたbomb

と、いうことで日本の皆様よりも1日早いweekendで、失礼しますheart04

お時間がある方は最後まで読んでいってくださいねsign05

さて、最近ほんとに忙しいのです、ボランティア総会の準備(運営委員なので)やら、ドミトリーの営繕係やら・・・ちなみに営繕の会計になりました・・・大丈夫かな~ あんまりお金の管理得意じゃないんだよね~ 話の流れでなっちゃったようなもんだから若干、不安・・・sweat01

そんな感じで、週末はたいていドミトリーで会議してたりしてます。

先週の土曜も午前中に会議。旅の相方も会議・・・ それが終わってからなので、いつもの金曜midnight train には乗ることができず。 

今回はバスの旅~bus 価格的にはやはり安いdollarし、早いsign03 だけど、日中移動なので、ちょっと時間がもったいないですsandclock

まずは、昼2時のバスの乗るためにUBの西側にあるバスセンター「ドラゴンセンター」へ。

そこでチケットを買ったのですが、「2時より早く出発するわよ」と。おっと、急ごう!!

バスに早々に乗車したが、待てど暮らせど発車しない。また~sign02

結局2時過ぎに出発。bus

その間、スーパーでお昼用のパンとか買おうとしてたら、おばちゃんがお釣りを間違えて・・・あれこれ説明してみるけど、頑固!!!!聞いてくれない。

ついには隣のおばちゃんまで参戦デスdown お釣りの100Tgがほしいのに、はじめに返してくれたのは50Tg。あと50Tg待ってたら、おばちゃんが相方から200Tgを徴収・・・ 

おかしいな~っていったら、パンを2つ買ったのが原因。おばちゃんは別々に会計するんだと思ってたみたい。それで1回整理しようとしたところ、若干ケンカに・・・

しまいにはこの200Tgは私が払ったのよ!とおばちゃんが言い出し・・・おいおい~despair

もう、疲れちゃって、ココでパンを買うのはやめました。

ほんとにもぅbearing

そんなこんなで、バスは発車~ アスファルトの綺麗な道をどこまでもいきます。まずはこないだ行った ダルハン までバスは向いますdash

モンゴルの長距離バスってだいたいMade in KOREAなんだけど、車内にはクーラーも液晶TVもついてます。

このTV、よくモンゴルの「よしもと新喜劇」的なコメディーが放送されているんですが、みんな見てるから急に大爆笑annoy TVみてなかったから、一瞬何が起こったのかと思っちゃった・・・

ちなみに今回の旅の相方は、元・本屋さ~んeyeglass 紀○国屋です~

ドミトリーの本も、改修工事の際に引き取ってくれているので家にはたくさん本があるのですcherry 楽しくなっちゃうなchair

で、本も借りてバスで読もうと思ってたんですが、本を読む前にこっくりこっくり。。。sleepy

となりで、相方は本を読んでいましたchick 笑

そんなこんなで3時間くらいでバスはダルハンに到着!久しぶりのダルハンです。ここでダルハン隊員2名と合流。

さらにミクロと呼ばれるバス(ハイエースサイズのバス)でセレンゲ県 スフバートルへsoon

どんどん、砂嵐がひどくなっていく。。寒い。防寒対策を誤った・・・寒いcoldsweats01

完全にミスったsign04

ダルハンからセレンゲの道は、緑がとっても多くて、植林されてました。ほんとに綺麗。とくに、松等の針葉樹林や、白樺が多いです。

数年前に山火事が起きて、大きな被害を受けたそうですが、現在はだいぶ緑が増えています。

そんなこんなで、とりあえず夕飯食べに出かけて(スフバートル隊員全員でお出迎えしてくれました)

地方にでると、そこの隊員がみ~んなでもてなしてくれるのがすごいうれしい(*´∀`*)

カラオケ行くつもりだったけど、2時間待ちなのでとなりのクラブに変更noteわりと若い人が多くて、それなりに盛り上がってますshine

ちゃんと12時には締まります。日本の風営法よりしっかりしてますねgood

隊員宅に帰宅し、そのまま就寝~

翌日の日曜日はやっぱり寒い・・・

「毎朝ジョギングしているんだ~」というセレンゲ隊員にお供させていただきジョギングへ

寝起きで走るって大変sign04 若干、苦しい・・・笑

Dsc04054


大きな警察の前を通過し(ちなみにモンゴル人の警察の友達が昨日から夜勤でココに居たそうなpaper

小麦工場を通過~Dsc04060

河原にいきました~sign03 すごい綺麗な空気で、朝の静かさも合わさって最高な場所です。セレンゲ隊員曰く、1日で結構水が引いた!!!!っていってました。

みんなバレー経験者ってことでさっそくバレーもしてみますpunch本当は馬にのるか、バレーをするか迷ってたんだけど、結局今回は乗馬メインの旅になっちゃったので、ここでバレー出来てよかったheart04

Dsc04061


1時間くらい遊んでから帰宅house  のんびり散歩しながらスフバートルの街を満喫しながらデキマスタwink

乗馬用に、みんなでオニギリをた~っくさん作ってお昼のお弁当準備riceball こうしてみると、おにぎりってすごいな~ お弁当にもなるし、タッパーとかいらないし、いろんな味ができるし中身も充実してるhappy01すごい効率的な食事だ!!!

モンゴルのお弁当は大体、ボーズ(大きな蒸し餃子)とかが多いのでタッパーが必須sign01

とか、考えつつ馬に乗りに行きました。

今回は計6時間くらいのコース。

Dsc04072


スフバートルの西の方から南の方へ川沿いを進み、道路を進み、草原を越えて、「母なる木」までいきます。

Dsc04080こないだ来た時は晴れてて、青空といろとりどりのハタグが綺麗だたのにな~。曇りだとこんなにも違う・・・


防寒対策もなんとかなり、いざridinghorse が、いうことをなかなか聞いてくれない。すぐに草を食べようとする。(腹ぺこなんかしら?)

これが原因で最後まで立ち止まっては草を食べ、食べ、たまに歩き・・・みたいな感じでまったく私の指示を聞かないdash ほんとに信頼関係って大事なんですね~dash

そんなこんなで、帰り道はだいぶ、慣れて少し走ったりもできましたが、やはり遅い・・・

立ち止まってしまう~

なんとか家に着く頃には膝がガクガクいって動かない。(ずっと曲げたままで踏ん張るからな内ももとか膝とか感覚がおかしくなってました)

あ~つかれたapple

Dsc04087


でも、今回はお尻の皮も剥けずに筋肉痛だけで終わりました。

帰りに駅で列車のチケットを買って、隊員宅へ帰宅door 

みんなクタクタですが、ここから私はもう1件、用事をこなしますpaper

私の元・患者さんに会います。スフバートルの警察官です。彼は2回くらいうちであれこれリハビリしていったので、せっかくなので友達になっておきました。いざという時、助けてくれるかもしれないでしょ?笑

さすが、小さい街です。彼といるとほぼ、芸能人並に声をかけられます。普段、パトロールしてるからちょっとした有名人なんでしょうね~flair

で、あんまりレストランがやってないため、結局昨日と同じレストランへspade

運動したあとのビールはいつだっておいしいbeer さいこーだnote

などと、おっさん的な発言happy01久しぶりに色々ゆっくり話せたので楽しかったです。前は早すぎて聞き取れなかった彼のモンゴル語もだいぶ聞き取れるようになってきたな~ と自分で確認できましたup

ご飯も早々に、帰りの列車の時間なので駅まで送ってもらい、みんなと合流(若干、遅刻sweat01

たのしいセレンゲの旅も終わりです。。。曇り空だったせいか、とってもさみしくなりましたbomb

今回、一緒に遊んだセレンゲ隊員の2人は6月に帰国しちゃうのでもうセレンゲであうことはできません・・・down 次はUBです。待ってるよ~clover

じゃ、あとは寝て帰るだけsign01と、思っていたところで、再び事件です・・・

今回は早めに並んで「絶対下のベッドに寝る!!」と決めてチケットを買っておいたのです。下の段のベッドは2種類 ①大きな区画内の下のベッド ②窓際(通路側)の下のベッド

ぜったいonesign03 微妙にベッドの幅も違いますし、ゆっくり寝れる率が確実に違うsnail

①の方のチケットを買っていたんだけど、そこに先客が。。しかも赤ちゃん連れてる~

変なおばちゃんまで参戦して(むしろおばちゃんが色々食いかかってくる)

つまりは、こうゆうこと

「この人は、赤ちゃんがいるから席を代わってほしいのよ。ゆっくり寝れないでしょ」

普通、子連れは1つのベッド使うんです。彼女の席は②の方。

いや~・・・言ってる事はわかるけど、ならなんでチケット買うときに言わないわけsign02

こっちだって疲れてるから、それを見越してチケット買ってんだよ~ とりあえず下のベッドなんだからいいじゃん。。

と言ってみた。

おばちゃん、食いかかってくる。当のお母さん、何も言わないdown これ、私の嫌いなパターン。。当の本人が何も言わない。

ここはやっぱり月曜到着のそのまま出勤を考えたら、譲りたくない。ということで、

ごめんなさい。私たちも疲れてるの。同じお金払ってるからココに座る権利があるわ」とちょっと冷たいけど、当然のことを言った。

そしたら案の定、捨て台詞「なんてケチなのかしら」 おいおい。なんか違うだろsign02

普段、こっちがお願いしても席変わってくれないくせに立場が変わって、自分たちの言い分が通じなければ捨て台詞かよ・・・

ほんとはどうすべきだったのか。自分が変わればよかったのか?

でもこっちだって体イタイなか、頑張ってチケット買ったのに、それを変わってくれと当然のように言ってくる。たしかに赤ちゃんがいたら大変だけど、それならチケット買うときに言えばいいし、早めに並んで買えばよかったんだ。

それもこっちの都合のいい言い分なのかなbearing

UB到着後、現在我が家はお湯が出ないので、そのまま相方の家にお風呂入りに行きました。あ~熱いシャワーってこんなに幸せなのかheart04heart04 と、感謝。

そこからそのまま職場へ

体が既にバキバキ・・・ 

ん~それでもdelicious  やっぱりまた乗馬に行きたいな~horse

Dsc04070
                     白馬に乗った王子様eyeglass

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »