無料ブログはココログ

スポーツ

2012年12月 6日 (木)

Mongolian snow board

モンゴルもそろそろ本格的な冬になってきました。

寒い。。朝起きると(AM7:00)まだくらい。電気つけないと薄暗すぎて何も見えないw

そんな冬も2回目

これで終わりです。この排煙臭さ・・・(オターと呼ばれるストーブから出る煙ですね)

やけに顔が痛くて寒いというより凍りそうなくらいの冷気(実際いろんなものが凍ります)もこれで最後・・・ 帰るのはさみしいけど、この苦痛から解放されるのはありがたい。。

最近、モンゴル人に 「モンゴルはどうだ?いいだろ??」との 質問に速攻で「苦しい・・・寒い。良くない!ww」 と答えます。。 正直者です。。

そんなモンゴル、実はスノーボードできます。UB市内でスカイリゾートという韓国資本で作ったゲレンデがあります。(現在は撤退し、MCSというモンゴルの大企業が運営しています)

協力隊といえばアフリカのような生活でどろんこにまみれて・・・ 的なイメージがすぐ浮かぶかと思いますが、こうやって寒さに耐えながら頑張る隊員も実はいるのです。

暖かい国ばかりではないのです!! そんなアフリカ隊員やアジアの温暖な気候で頑張る隊員に対抗できる「売り」はまさにコレ!!!!

スノボーができるっていうww 

世界で2番目に1年の最高と最低気温の差が大きい!!(ちょっと前まで世界で1番だったんですけどね・・・

寒いけど、行ってきました。 わかっていてもやめられない。 一種の中毒でしょうね。ほんと、モンゴルで良かったわ~

やっぱり寒かった。 そして去年より値上がりしてる。 一緒に行ったモンゴル人(ひとりは三菱商事・ひとりはMCS  どんだけエリートだよ~!!)に聞いたところ、やっぱりスカイリゾートは赤字・・ 経営すればするだけ赤字・・・ 需要が低い。。

雪も日本みたいにドッサリ降らないから年中人工降雪機使ってます。 そして1・2月のいわゆる日本のハイシーズンは寒すぎて遊べないから人も減る。。

3時間リフト券とボードレンタルで41500Tg(去年は34000Tgくらいだった) 2500円くらいです。

たっか~!!!! と思いつつ、ここまで来てるから遊ばないわけにはいかないし・・・

コースは4コースくらいあるんだけど、ひとつは雪不足でやってない。 じみに雪が硬くなっててちょっとでもコースから出て遊ぼうもんなら板が吹っ飛ばされてこける・・・

雪すら凍るんです。

20121201_164532

リフトは2機ありますが頂上まで20分くらい 滑るの5分くらい(なだらかなコースばっかり)

これじゃ体が冷えるのは目に見えてます。。

2~3回リフト乗ったら1度休憩しないと足の指がもげちゃいます。。それでも靴下2枚にホッカイロ貼ってますが・・・

休憩したとき、以前患者さんだった人と会いました。10ヶ月ほど前にアキレス腱縫合を行なったMIAT航空の国際パイロットです。 仕事からしてカッコよすぎる!!!

スキーしに来たそうです。元気になってたみたいでよかった~✽ あんまり無理しないで欲しいけどww 

再びゲレンデに戦いに・・・www   もうすでに外に出ることは戦いになってるあたりに笑っちゃう。。

需要がないのは寒い中でわざわざ遊ばなくてもいい という考えが昔からあるからでしょうね。。

結局6本リフト乗って終わりました。 赤字だっていうのに地味にリフトが自動改札に代わってたwww

                         あ~寒かった。。。

20121201_182153


この一言につきますね。地元ではホームゲレンデの札幌国際もオープンしたそうで・・・ むしろ滑るならそっちがいい。。とさえ思ってしまった・・・ 

寒くてもうしばらくは行きたくないと思います。でもきっとまたいきますw だって滑るとやっぱり楽しいし。。それなりの対価を支払わないといけませんが。