無料ブログはココログ

ひとりごと

2012年11月 1日 (木)

カリフラワー

モンゴルに来て初めて食べました。

ただの食わず嫌いだったんですが、意外と食感がはまりよく食べてます。

モンゴルに来て、食べ始めたもの結構多いです。スーパーとかで見かけて気になって買い出したもの。この間はライチに似た竜眼(あとで聞いてリュウガンだってわかった。)とか、謎のミニトマトサイズのりんごのような梨のようなもの。(これは名前わからないけど)

あとは、にんにく。。   肉料理が多いので使う機会も多いです。

意外と、首都のスーパーにはなんでもあります。

思ったよりも日本のスーパーと変わらない感じです。うちの近くのお店では店内で焼いたパン(普通に日本のパンと変わらない)50円くらいで一斤買えます。

あったかくて、いい匂いするので焼きたてがあるときは必ずと言っていいほど買っちゃう。

胡麻が入ったパンが好きです。(どうでもいい情報ですね)

2012年9月 4日 (火)

今日はうちからでも花火が見えました。

最近、更新がおざなりになってきていると反省。

でもコンデジ壊れてから意気消沈。。ほんとに消沈。。。。あ~

結局、夏に壊れたトイレは未だに直ってない。「便器買いに行って来い」って。それ、そもそも業者がすることなんでないの?若い娘が(自称w)便器担いで街中歩けってか!?

無理。ムリ。。  というわけで、カウンターパートのちょびひげにお願いしたが、お互い夏休みなどなどで予定が合わず。そもそも便器なんてどこに買いに行けばいいのよ!!

業者が来て、色々修理してくれるのはいいんだけどさ、ホント土足厳禁だっつ~の!!!

床はドロドロになるし、おまけにナイフあるか?雑巾あるか? だって。ほんと、こんなレベルでよく仕事やって金取れるわな。 鼻で笑っちゃうぜ。

なんで、必要と予測されるものを準備してこないんだろか・・・ 日本だったらあっという間に廃業レベルだよ。

奴らは家を汚しに来ているだけだ。 と痛感した今年の夏の珍事件。

そんなこんなで、地元から友達が来てくれたり、モンゴル国内旅行を楽しんだ挙句、待っているのは報告書。そう。そろそろ出さねばな。。JICAで派遣されているのだから、やらなければならないことはさっさとやるに限る。

もう9月。ちなみに今日はモンゴルの新学期&入学式 

去年のちょうど今、私は同期隊員の彼女が持ってきてくれた韓国料理をめんどくささのあまり、つまみ食いし、食中毒にかかった。紛れもない、孤独との戦い。。

同居しているはずの同期隊員は誰ひとりとして帰ってこず、携帯の残高もなく、だれにも助けを呼べなかった。。あさ、帰ってきた同期の顔をみて、泣きたくなるほどだった。ほんとに寂しくてきつかったのです。

そんなこんなで、活動を初めて1年と1ヶ月が経ちました。夏休みもとったから、ま~ちょうど1年てとこでしょうか。

同期よりもなかなかのびないモンゴル語。職場のみんなが可愛がってくれている(??)おかげで下手なモンゴル語でも十分通じる。成れの果てがこの語学力。。ごめんなさい。

先輩隊員に発音が成ってないと指摘も受けるが、そこはま~素直に聞き入れてはみるものの。。果たしてどれだけ改善されたか。。(´・ω・`)

のこり10ヶ月(1年切ってる~ 焦)なんとかもうひと踏ん張りですね。

体調くらいはしっかり管理して乗り切りたいと思います。

ウランバートル(UB)は過ごしやすい季節になりました。お日様が出てて、でも風はすこし冷たくて、コスモス満開です。この季節が一番好き。過ごしやすいのです☆

こんな日は、カフェテラスで大好きなカプチーノのでも飲みながらのんびり読書やうたた寝でもしたいもんです。                    ま、そんなテラス、近所にはないですから自宅のベランダで我慢しますか。。

おいしいコーヒー飲みたいですね。これ以上お肉の増加にならないように当分、糖分控えめで。なんつってw

”体スキャン”したら、とんでもない数字が私も目下に現れたので、ちょっと自分に黄色信号出しました。大好きな炭水化物は控えめにします。でも明日のお弁当はキムチチャーハンっていう炭水化物の賜物をいただきます。うん、できるだけ控えるってことだから。ね!

と、自己納得させたところで、秋の夜長は眠気がつよい(こんなこと、以前も書いてたな)

寝ます。

сайхан амраарай!(さいはん あむらーらい)ってことでおやすみなさい。。

2012年8月28日 (火)

summer vacation

まさかのロングバケーションも終わりました。こんなに夏休み遊べるとは思わなかった。

これについてはオイオイやってきます。ものぐさです。

夏休みは見事「モンゴル横断」できました。もちろん車で。飛行機じゃないですよ。

多分3800Kmくらいかな。バヤンウルギー県とドルノト県、端から端まで2回に分けて行ってきました。すごい楽しくて、まだ夢から醒めないですが、活動も再開してきたので、折をみてぼちぼち更新しようかな。

先週の土曜日から仲良しさんが日本から遊びに来てくれました。とっても嬉しかった~

1年以上会ってなかったからほんとに嬉しかった。なにも変わってなかった。お互いのプライベートは少し変化があったけど、そこは2晩も一緒に居れば・・・

お互い似たような感じでした。。

色々お土産も持ってきてくれ、気も使わせてしまい、なんだか申し訳なかったけど、やっぱりモンゴルまで会いに来てくれたのは本当に嬉しかった!!

が、日曜の夜の大雨のせいで若干風邪が。。

鼻水が、咳が、くしゃみが・・・ 仕事から帰って寝ていても、上の階がリフォーム中なのかなかなか寝かせてくれない。すごいうるさい~・・・

もう諦めて起きようとしたころにちょうどモンゴル隊員から電話。

「ちょうど、近くまできたからいまからご飯食べよう!」  ってさ。 救いの電話。

うちは首都の中でもハズレの方にあるからなかなかみんな来てくれない。寂しかったけど、最近この界隈もJVが来たのでにぎわってきてるかも♪

後輩JVもさそって、後輩の家でご飯ご馳走になりました。おいしかった~

何やら今週も予定盛り沢山なのでさっさと風邪は治しておきたいところです。

そして、コンデジ壊れた。電源入れてもシャッター開かない。。困った~。修理出すか。。

ブログ用にサイズ小さい写真撮る用のカメラになってたのですが・・しばらくはダメですね。

2012年6月13日 (水)

夏突入!でもお金はない!

6月も半ばになりました。だいぶ、天気も落ち着いて、わりと暖かくなりましたが、相変わらずうちのリハ室は日当たりがわるく、寒いです。。それでもリハ科の中では1番暖かい部屋なんですが・・・寒いです。

6月上旬のボランティア総会という大きな会議も無事終わり、いろいろな会議も一段落。。

と、おもいきや下旬には新隊がくるというので、それに向けてドミの大掃除やら買出しやら修理箇所の手続きやらと、まぁまた活動以外の仕事に追われつつ・・・家族の来蒙、メールチェック・・・

ほんと、休む暇ねぇ~。。寝て、すべてを忘れたい。

夢を見たところで、現状は何も変わらないのですがね。。

というわけで、世の中(モンゴルに限る)、もう夏休みです。夏休みって言ったって、モンゴルは6月~8月まで夏休み・・・休みすぎ。みんな休養地に家族と出かけます。いいですね~

のんびり田舎で過ごす日々・・・

想像しただけで、ムカムカします。笑 正直、周りが夏休み期間に入って楽しそうな感じが羨ましい・・・ 学校の先生っていいな~。。 日本に居たときは夏休みなんてそもそもなかったからなんとも思わなかったけど、ここまで来るとやはり羨ましい。。

ということで、今年の夏は夏休みを少々もらって田舎へとまろう!ってな予定です。別に一人旅で、宿探しからはじめることはしませんが。。予定ではモンゴル横断できるかも・・・2400Kmくらい??どうなることやら。。患者さんやらまた、同僚のツテを頼ってどうにかこうにか安くあげたいな~ 

今日は患者さんにお昼をご馳走になり、その分たっぷり働きました。ちょっとお腹苦しい。

しかも今朝、疲れていたせいか、起きる時間を間違って1時間も早起き♪なにも気づかずそのまま出勤。(ただのバカ) こんなこと、今まで1度も無かったのにーっ

早く来すぎてことにようやく気づくことができ、ヒマなので、現在入院中のカウンターパート(CP)の病室へ行って、軽く朝寝。。のつもりが、やさしいCPのおかげで結局一睡もできず。。

実は先日、うちのCPが通り魔に襲われ、負傷・・・ 鼻骨骨折、内蔵からの出血で入院中です。鼻も治して、現在は療養中。だいぶ、元気になりました。しかし、この通り魔、何もとらずに殴るだけ殴って逃走・・・ なんたる事件。もちろん、警察が介入してきます。

モンゴル人同士でも色々事件は起きるんですね。こわいこわい。。

彼も元気になったので、最近では院内を少しづつ散歩したりしています。その間私は部屋でお見舞いのチョコをつまみ食いしたり、ウトウト昼寝したり、同室の方とおしゃべりしたり。。そんな毎日の日課をこなして、家に帰る頃にはヘトヘトです。。(大した見舞いはしてないのですがね・・・えへへ) いやいや、こうは言うものの、きちんと差し入れ買ったり、腰をさすってあげたり実はちゃんと介抱してるんです。

うちのCPは「俺のモノは俺のモノ、おまえのモノも俺のモノ!!」と、ジャイアン丸出し・・・笑 というわけで、CPのチョコは私のもの!と言い張っています。ただ単に、チョコが嫌いなCPが分けてくれるだけ。(モンゴル人でも甘いの嫌いな人いるんですね~)

夏が楽しみだけど、そのせいかしらなんだか疲れも溜まる。用事も増える。。

昔はバス通勤でもイケたのに、今は毎日バス乗って市の中心地まで行って用事をたすことがツライ・・・ ひきこもりたい。

モンゴルは日本とちがって、荷物は個人のものであっても私書箱に届けられます。家のポストへは直接来ません。郵便局員が、電話で「荷物あるよ~」と教えてくれた際に、近くの郵便局まで届けてくれたり、家まで持ってきてくれてりします。少々めんどくさい。

個人で私書箱を借りるときは15000Tg/年 だそうです。1000円くらい。やすい。。でも結局は取りに行くっていう・・・日本のサービス(時間帯お届け)を教えてあげたら「いいな~」と。「でも首都ならまだしも、地方都市では難しいわね」と。確かに、人口密度が比じゃないからな。割に合わないよね~。

どうしたものか。。

さて、今週末も予定ビッチリ!! お金はなし!! やることやったらさっさと就寝!! 

これにつきますね。

さて、何から手をつけようかね~・・・

2012年4月25日 (水)

何やってんだろう

なんだか寝れない。。

どうしたものか・・・考え事したりしてると、どんどん寝れなくなる。

仕事のこと、明日の仕事のこと、同僚のこと、友達のこと・・・・

頭も心もいい加減疲れるな。。って思いつつも今日もこんな夜更けです。昨日寝たのは5時頃・・・(昼寝したせいもあるけどww)

Dsc03650

先日、系列病院へ見学に行ってきた。UB市内で一番古い病院。ここも外傷系の専門病院。古くて天井抜けたりしている。

そこのリハ室。

型紙もとらずに、だいたいの目安でこのプラスチック装具(お湯の中につけると柔らかくなるプラスチック)を切ろうとしています。。こんな高価な物を・・・もったいないよ~!!!!!

フランスから支援が入っているから(もちろんこんなもの、モンゴルでは買えません)使いたいように使う! といった感じでしょうかね。。

あ~なんてことを。。。

JICAボランティアが入ってるバスケチームの主力選手が試合中に怪我したらしい。しかも準決勝。。コーチやってる友達の話ではACLもPCLも切れてるらしい・・・詳しくはわからないけど。。

1度、着地で膝を捻ったのかな?ベンチに下がらせたらしいけど、本人の意思でもう1度出場してもう1本も靭帯も切れたらしい・・・

山王戦の桜木か!? いやいや、そんなこと言ってる場合ではないのだ。。

多分、ほかの箇所も怪我してるだろうな~・・・ どっから聞いてきたのか知らないが、UBにJICAのPTがいると知っているらしい。。ご指名デス。ドキドキするな。。

ここにいると日本ではありえないような待遇がやはり待ち受けている。 若干、ビビる。

日本人、PT5年目 これだけで十分有名人に慣れてしまう。ふふふ モンゴル語は下手くそなのに「診て欲しい」と思ってくれている。ありがたやありがたや

実際、整形で働いたのなんてわずか3ヶ月。自信がある整形疾患なんて下肢OAですけど、なにか??希少な症例とか、少し時間頂いても大丈夫ですか?

なんて毎日患者さんの体を診ながら教科書開きながら思ってます。

かれこれ10ヶ月が経って、それでも毎日たりない頭ひねりながら患者さん診たり、同僚と話したり。 でもすごい楽しい。楽しくて楽しくて帰りたくない。

今は、当初考えていたことより、もう少し具体的に目標定めたりできるようになってきた。

大雑把だったものがだいぶしっかりしてきた。いちいち、すぐ怒らなくなった モンゴルとはそういう国なのだ」 と、わかったようなつもりになって、少しだけ穏やかに仕事に取り組めるようになってきたかもしれない。

最近、砂嵐が来たかと思ったら雪が降ったり、時には半袖で外出歩けそうなくらいあったかくなったり・・・ モンゴルでは春は疲れるのだそうです。。私的には 春眠 暁を覚えず って感じですがね。。

たしかにこんな天気では疲れる。Img_0090

この写真は近所の大通り。pm7:00

砂嵐の日に外出するとろくでもないことになるということを身をもって体感できた。。 

顔も頭も耳の穴もジャリジャリになる。

「目が、目が~!!」  ってムスカになる。

Img_0091


そして、スカーフを顔にかけて歩く人

ちょっと怖い

あ~ どうしたら寝れるんだ~ 一日ってあっという間に過ぎていくな。早い。

Dsc03702


最近のヒット

「中国製を日本製だと言い張る商品」 

一瞬、「かつおだし」かと見間違えるパッケージ 笑

モンゴル人が、「なんて書いてあるんだ?」って持ってきたけど、日本人の私にも解読不能な難儀な漢字を使っている。。そもそも何に効くのよ??って私が聞きたい。。

これ、外国人からしたら日本製かと思えるわけで、でも中国製だから安いんだけど、日本製だと思うモンゴル人は少々高くても買うわけで・・・

日本じゃ絶対売れないけど、こういった外国では売れるんだろうな~。しかも高値で・・・

なんだか切ないわ。

ブランド物の偽物も普通にたくさんあるし、わりとクオリティー高いものもあるし。。

2012年1月23日 (月)

7ヶ月たった今思うこと…

去年の6月にモンゴルに来て、7ヶ月が過ぎた。

早かった。正直、早すぎる。

モンゴルに来る前に多くの人から励ましをもらって、不安と楽しみの中モンゴルに来た。

いろんなことがカルチャーショックだった。生活、街の雰囲気、食事、人の温かさ、冷たさ。。

新しいことをみて、いろんなことに触れることが多かった2011年。

買い物しても自分のモンゴル語がうまく通じなかった。いい加減、店員に「もう構いたくないっ」て顔何度もされたし、今でもその時の感覚があるからそんなに聞かない。

でも、そんな人ばかりじゃない。

職場の同僚はこんなへたくそなモンゴル語を話す自分に何度もいろんな言葉で話をしてくれる。いろんなものを教えてくれる。モンゴルのあれこれ。本にも書いてないようなマメ知識。

毎日一緒に患者を診ながらアドバイスしてくれる。

いろんな話を聞いてくれる。一緒に遊んでくれる。

本当に感謝している。感謝してもしきれない。

わざわざ、休日に電話で「これから出かけるぞ」っていろんなところに連れて行ってくれる。

困ったり、凹むことがあったら心配してくれる。話を聞くふりしてゲームしてるときもあるけど。。

少し、自分の活動について振り返ると、患者を診ることは少し楽になったかもしれない。

訓練メニューも自分で伝えられる。それを見ている同僚もマネして取り入れてくれる。

「どんな運動なの?どこ鍛えるの?」と聞いてくれる。

「一緒に患者を診に行こう!」「これからベッドサイドに行くよ」と声をかけてくれるようになった。

職場の雰囲気は少し良くなったかも知れない。自分が実際に見てダメだなって思うところをリハ科長に言うようになったから、そこから注意が行くようになった。

自分が告げ口みたいなことしているときもある。同僚に言うだけではうまく通じないときは上に言うしかない。それでリハ室が改善されるならいくらでも悪者になれる。

私はそれをするためにここに来たのだ。同僚の女の子に子供扱いされ、私が直接言ってもあまり変わらないのだから仕方ない。

勉強会も今年に入ってまた少しずつ軌道に乗り始めてきている。参加者は以前よりずっと減ったけど、一緒にリハ室で働く同僚は参加してくれる。

今後の方針も少しずつ見えてきている。

たまには不安になるけど、自分の周りには支えてくれる人がたくさんいるのだ。

日本にも、モンゴルにも、そして世界にも。

前に進めるハズ。進めないはずがない。大丈夫、大丈夫。

明日が来るのが早すぎるけど、1日1日、後悔しないようにしなければ。時間は少しずつ過ぎているのだから。

Dsc02538

近所の尼寺にいるスズメたち。いつもこのドラム缶で暖をとっている。

スズメに似た小鳥もいるけど、名前がわからない。

すっごく太って、ふくふくしている。毛が多いだけなのに、とってもかわいい。

ここの動物たちは冬になるとみんな毛が増えて、かわいくなる。

丸過ぎて、かわいすぎて、みているだけで幸せな気持ちになれる。明日もみれるかな

2012年1月 8日 (日)

ハナタレ。

久しぶりの予定のない週末。今週の平日は色々と予定が立て込み、ちょっと忙しかったなsign04

モンゴルはNHKが映ります!!noteのど自慢やら大河ドラマ(今は平清盛ですね)なんか見ることができます。

ひさしぶりにNHKをこんなにみてて、「NHKってお堅い番組」ってイメージが崩れてくる。お笑いもやってるし、そんなことNHKが放送しちゃうの~sign02って思うような内容まで…意外とおもしろいgood

のど自慢で昭和歌謡曲なんか聞いていると、老健にいたときのことを思い出す。毎日何回もリピートしてみんなが歌ってた「あこがれのハワイ航路」とか美空ひばりとか…みんな元気かなsign04 色々お世話になったとこだし、利用者さんもみんないい人だったな~catface色々差し入れしてくれたり、(個人的に色々プレゼントしてくれる人もいたけど…)みんな長生きしてほしいな~fuji

さて、この週末…することもなく家にいるのでNHKを朝から見ているんですが…

風邪をこじらせて長引いています。鼻水が止まらず、熱もあんまり下がりません…一応薬飲んだり色々してるんだけどな~。鼻かみ過ぎて皮がむけました…bearing

風邪をはやく治してもう一回ボードに行くぞ~!!!今日もその予定を断ってしまい、スゴイ悲しい気分です。。

Dsc02706

2011年12月 1日 (木)

伝えたいこと

みんなに伝えたいことがあります。

まずは、コメントをくれたみなさん。返事のコメントを書きたいのに、コメントを書くとネットが通じなくなるんです。ごめんなさい。ここ2~3日あまり調子がよくありません。

想像力はホントに大事だと思います。患者を診るときにも必要だし、人が生きて行く上でも大事な力だと思います。

私が好きな言葉に

「夢は知識だ」

という言葉があります。なんだ??って思うかもしれないけど、先進国の子がが描いている将来の夢と発展途上国の子が描く夢は違うように思えるのです。

どんな仕事があるのか、なりたい職業に対して何をすればいいのか、今以上の現実を想像していないかもしれない。出来ないのかもしれない。もちろん、そうじゃない子供も日本にも海外にもたくさんいると思います。けど、少なからず私は知識があればもっといろんなことを想像することが出来るのではないかと思います。だから私は、せめて今自分がいるモンゴルにいろんなことを伝えたいのです!

私が今、一緒に患者をみている看護師に思うことは「なぜ?」と思う気持ちをもってほしいということ。

なんで膝が曲がらない?なんで痛い?なんでこんなに長くギプスをしている?

私が挙げればキリがないくらい「なぜ?」と思わなければ問題点を見つけ出し

解決することはできません。が、しかしうちのCPは「なぜ?」とあまり思わないようです。

今日は一緒に診ていた患者の担当看護師が休みだったので、本来のCPと患者を診ました。が、急変してICUに患者が移っていました。

なんで?どうして?どこが悪くなったの?と後で尋ねたら「わからない。自分の患者じゃないから」その場では患者もいるし、もう意識がない危険な状態だからそんなこと聞けない。

でも、CPはその患者に何の疑問もなかったようです。

急変したからICUに行った。だから今日はリハビリ出来ない。…それだけ。

確かに担当患者じゃないからくわしく状態はわからないかも知れないけど、気にならないのかな??だれにでも同じリハビリ内容をしている。よくなったかどうかも気にしていないような気がする。リハ回数が少ないからかな??

う~ん。。お国柄ではなく、性格の問題か??むしろ私は毎日なんで?と思うことが多すぎて困っている。異文化・環境に来たからっていうのもある。でも、普通に患者を診る上で、なぜ?と疑問を持つことはそれとは関係ない。

もし膝が曲がらなかったら…どんな生活になるのか?とか考えたり出来るようになってほしい。今の症状だけを把握するのではなくその後の生活を見れるようになってほしい。

自分もまだまだ評価は上手じゃないけど、なぜ?どこが原因かな?と考えない日はない。それが仕事だし、考えて出したプログラムで改善していくことがたのしい。

もうひとつ。。(食事中の方はほんとうにごめんなさい)

さっきのICUに移った患者ですが、仕事中に切断した木材が飛んできて、内臓損傷してしまったようです。骨折もしていました。手術をしたのですが、十二指腸から消化液が浸出し皮膚を溶かしてしまっているのです。手術が不十分で、つまり腹部側壁に直径5cmほどの穴があいていて、そこから消化液、出血が…もちろん細菌感染による膿も…

スゴイ衝撃的な感じでした。しかもそこはガーゼなどで処置されておらず穴がふさがっていませんでした。決して綺麗ではない布団がそのまま掛けられていました。これでは細菌感染するのでは?といったら「そうね。でも医者がこのままで。って」と看護師に言われてしまいました。せめて浸出液をカバーするために敷いていた新しい尿パッド(使い捨てなのでまだ清潔かな?)で穴をふさいで見ました。

臥床傾向なので、全身の筋萎縮が進み、やせ細ってしまっています。臀部には褥瘡も出来てしまっていました2回ほどベッドサイドでリハをしました。清拭して血圧を測りベッドでのギャッチアップ、骨折部のマッサージと簡単な可動域訓練しかできませんでした。

手術の技術不足による結果だと思いました。重体であったけど、きちんと手術が出来ていれば助かる命だったかもしれない思います。ここでは患者は、死と隣り合わせなのです。ICUから一般病棟に移った患者が経口摂取を始めて、きちんと摂取方法を指導されずに家族が食べさせてしまい誤嚥性肺炎でなくなってしまった患者もいました。

たしかに家族も看護師も、なぜ穴があいたままなのか?と感じていると思いますが、仕方がない。と思うのか。後でそのままくっつくと思うのか?それともこれが失敗だとわからないのか?それなら、すぐになんとかしようと思わないのか?

今日診た他の患者さんも、ベッドサイドで全身の筋緊張が高く、中枢神経疾患(はっきりと診断名はついてませんでした)の方が、家族が横向きに体位変換した際に、どうやら股関節が脱臼してしまっていました。診た直後、すぐに医者に連絡してもらいましたが、不在。。担当医でもなくていいからはやく整復してほしいと思ったけど、誰でもが整復出来るわけない…私だってできない。家族も困っていました。医者にすぐに診てもらえない状況が悔しかった。本当は明日家に帰る予定だったのに。そのために今日は車いすへの移乗方法を教えるつもりだった。。しばらく家には帰れないかもしれません。。

自分の非力さはもちろんだけど、すぐになんでもできる国で育った自分と、待つことが当然の国の文化はあまりにも違いすぎていたたまれなくなった。

脱臼している患者さんを前に何もできなかった。たとえ私が脱臼整復できたとしてもこの国ではそれをしてはいけない。私はココでは「理学療法士ではなく、ただの理学療法を知っている人」なのだから。責任がとれない。

自分に何ができるのか。何をしたらいいのか。

わからなくなって、最近ずっと悩んでいた。職場の上司が心配して声をかけてきた。ゆっくり二人で話しあってみた。出来ることはたくさんあるのだと言ってくれたけど、それは看護師に自分が「こうしたらいいよ」と「それは間違っているよ」と口を動かし、手を動かすことだと。それが彼らに知識を増やすことになるのかもしれないけど、彼ら自身は望んでいるのか?いつまでたっても一緒に患者を診ることがままならず、同僚に放置され、一人のマンパワーになっている。マンパワーになりすぎていることを上司はよく知らないのだ。

そんな心配ばかりが頭を巡らせ、助言を発する気持ちを抑制させている。

でも、上司に教えてもらった。

「日本人に診てもらってよかった。本当やさしくてイイ子たちだ。体もよくなった。」といってくれる患者さんがいるのよ。と。

正直うれしかった。うれしすぎて、そんな言葉がもったいなくて涙が出そうになった。

何言ってるのか、正直わかりにくいモンゴル語で、訓練メニューとやれと言ってくる日本人に対して…

患者さんが帰り際にいつも「ありがとう。また明日」と笑顔で帰っていく顔がたまらなくうれしい。モンゴル人にはいつもの習慣的なあいさつにすぎないような気がするけど。

少しでも生活しやすくなる患者が増えればいい。

視点を変えれば支点も代わって、もしかしたら何かがうまく回り始めるかもしれない。

Dsc02412

2011年11月23日 (水)

本日-20℃なり

catface北海道から来た友達も無事に日本にかえりましたairplaneモンゴル(主にUB市内)を満喫してくれたようで一安心noteそして、嘘か本当か…また来たい!といってくれました。次回はもっといろんなところに行きたいね!できれば暖かい時期に…sun

Dsc02337さて、モンゴルはそろそろ冬です。(とっくの前から冬ですsnow)外は最近-20℃(最低気温)です。ちなみに最高気温は-10℃くらいです。ここまでくるともう「マイナス」と言いません。北海道でもそうだけど。プラスになるのはまだまだ先の話ですね…

これは通勤途中の写真camera朝陽を拝みながらテクテク15分くらい歩いています。っていってもこれは8時40分くらい。起きる時間は夜中かと思うくらい真っ暗mist

こないだ、通勤途中に猫が凍死してました。。死後硬直かと思いきや、凍っていたようです。かわいそう…

そして、今日はうちの家の[パール]がきてません。(モンゴルの集中暖房機のことで配管内をお湯が通っていてこれでモンゴルの冬は大丈夫!…なハズだった。)

こまった。。でも浴室のパールは来ているから最悪風呂場に避難すればあったかいでしょうrun それでも室温は20℃あるので死ぬことはありませんhappy02

よかった~!!!!

でもこないだ炊飯ジャーが壊れちゃったんだよね…寿命だと思うけど。。お鍋でご飯炊いたら意外と普通。そもそもジャーの性能低かったから同じ様な炊きあがりcatface ははは~

今日、郵便局にいって荷物をだそうとしたら、いつものお姉ちゃん。わりと美人な子heart02

「あら?またあなた?」Hi! Cain yy?

「荷物出したいの」I want send this irgeemji.

「日本ね?」Ypon ?

「違う」Ugui.

などと、英語とモンゴル語が入り混じった会話をしていた。(いつものこと)宛先を書くのやら、中身を書くのやらで私が間違ってしまった。そしたらそのおねえさん、

「何回も出してんだから知ってるでしょ!?なんでココ勝手に書いちゃうのよ!!」ってちょっと怒ってくるから(気のせいかも…)

寒さでイライラ(モンゴル人は平気で横入りもしてくるからさらにイラッとしていました)

ごめんねっ!!!typhoon」と、大人げなくいってしまいました。。あ~もっと大人にならねば…

いつも出しているのおねえさんなのに、毎回、荷物にJAPANなんて一言も書いてないのに「これ日本?」って聞いてくるあたりはサラっと交わさなければ…

でも、そこの郵便局で普通におばちゃんにモンゴル人に間違われちゃったhappy01

この住所かいて。と頼まれました…でもおばちゃんの筆記体は汚くて読める自信がないのとそれを英語に直せる自信がなかったので丁重に「私、日本人だからうまくかけないや…」とお断り。

そんなこんなで帰り道、ちょっとさみしい気持ちになってしまったので、次回荷物を出すときに再挑戦しよう!!いつか5分以内で荷物を送ってみせるぞ~

今日は、職場の近くにある看護学校の中のPT学科の授業を見学に行きました。

Dsc02373 今年卒業生第1期(⑬名)が卒業したのです。モンゴルにも今PTが⑬名います!!(JICAとかでなく)

どんな授業をしているのかな~と興味がありました。その学校は現在日本の群馬大学が支援している学校で、日本にも留学していた生徒や先生がいます。全校生徒は2500名!!!大学かと思うくらいのマンモス校。PT学科は4学年で80名。(その他2420名は看護師さんです)2年生でパルペーション(触診)、4年生は明日の小児施設の見学に備えてCPや発達について反射の講義をしていました。

1クラスの人数が少ないので、少人数制でとてもこまやかな指導をされていました。そして日本の(自分のクラスしかしらないけど)学校よりも生徒がとても熱心flair みんな予習はバッチリだし、みんなの前で「こうやってここは触るのよ」と堂々と説明していました。感心annoy

そして何より驚いたのが 大奥 だってこと。女しかいない… 

看護学生は男の子もたくさんいる。(むしろ日本よりいるかも)

そして、モンゴルだからか、学校の玄関にコートを預ける部屋があって番号札と交換にそこにコートをみんな預けます。やっぱりガサバるからかな?

食堂もついていましたが、人数に対して席が少なすぎる…高校の購買みたいな勢いでお昼は賑わっていましたriceball

しかたなく、家が近いからうちでたべようか?と一緒にいったOTと話をしてましたが、結局レストランにいったらこれまた「ミルク茶」を頼んだのにふつうの紅茶が出てきて「違うよ」といったらムッとされました…ムッとしたいのはこっちなんですけど~catface

でもまぁ、こんなんしょっちゅうですから念をおして何度も言ったのに…最後に確認していかないから… 無駄なお金は払いたくないのでちゃんと出し直してもらいました。

こないだ、ゲル地区の奥にあるянмалという靴下工場(結構有名かもflag)に行きました。

事の始まりは、私たち(OTと私)が寒がりだから(日本なら普通なはずだけどな~・・)ラクダの靴下がほしい!!と言いだしたことが始まり。それを聞いていた職場の人がだったら

「工場に連れて行ってやるよ!」

の一言で私たちは大興奮!!!あの、янмалの工場にsign02

Dsc02353_3 だってそれまでひたすら患者にどの毛の靴下があったかいか聞いて調査をしていたくらいですから…むしろそれしか聞いていないかもcoldsweats01

車でないといけない場所なので、ここぞとばかりに買い込んでしまいました。

道端でもお土産屋さんでも売ってるけど、1足5000Tgするんです。

そこでは1足3800Tgsign03安いでしょ?全部で5足ほど買いました。このちっちゃいのは姪っ子用。思わずかわいかったのでお土産用に購入dog

そして最近の疑問。ラクダとヤク、いったいどちらが暖かいのか…

とにかくこれでモンゴルの冬の足元は乗り越えられそうですheart01あ~あったかいcatface

やはり郷に入っては郷に従え これですねgood日本製品よりモンゴルで買った物のがはるかに暖かいのです。そして少しづつ寒さになれてきている気がする…

でもこれでは、協力隊というより協力され隊になってきているな。。みんなやさしいから私たちが風邪引かないようにいろいろしてくれる。。ほんとうにいい職場だcrying

私たちがいる意味は、いろんなところに連れて行ってもらうためじゃない。もちろんたまにだけど。

みんなで新しいことに取り組めるように、前に進めるようにするため!でも、少しづつはすすんでいるかな。OTが来たことで自主的に作業道具を作ったり、あたらしい装具をつくったりできているし。。私がやっている訓練内容を自分たちでも使ってくれるようになってきたscissorsなにより仕事中に携帯で話すことが俄然減った!!!うれしいなhappy01

とりあえずそろそろ出し渋っている本格的な冬装備を出そうかな…

2011年11月16日 (水)

Mog

ついに日本から友達が来ました。高校の頃からの仲よしさんsun

が、結構前からお腹の調子が良くない。わたしの。。

どうしたもんか…11/10(木)腹痛で目がさめる。

でもとりあえず正露丸のんで(困った時の正露丸!!)仕事へ。だって家にいるよりは病院に行った方が人もいるし、何より病院だし。。hospital

でも全然よくならなくて、しまいには38℃の熱発。。

何年振りかに熱でた~coldsweats02 数字にびっくりした。。そして熱でると眠くなるらしい。。

そんな感じで職場で思わぬ診察を受け、とりあえず風邪の診断を受ける。

フェルベックスというお湯に溶かして飲む薬が良く効きます。オレンジ味のポカリみたいな味で飲みやすい解熱剤。

金曜には何とか元気になり、夜空港まで友達と迎えに。ちょうどうちのOTの旦那様も一緒の便で来ることになっていました。(すごい偶然scissors

迎えに行く途中の車で、前を走っていた車が飲酒運転して大クラッシュimpactしたのを目撃してしまい、ちょっとこわかった~coldsweats02

久しぶりの空港~airplane 

と思っていたら、ちょうどそこにうちの同期の篤樹が!!彼も友達を迎えに来てました

みんなでわいわい待っていると、ちょうど友達が到着!!感動のハグをしてww

久しぶりだけど全然かわってない~Mogheart02

家に帰って今日は遅いからもう寝よう!ってことで寝たんだけど、そっからわたしの腹痛は再びやってきたtyphoon夜中にトイレに行くこと4回。。その場で飲んだ水すらすぐに出て行く状態。。もうこわくて何も飲めなかった… 飲まなきゃいけないってわかってはいるけど、これ以上飲んでも出るだけだし、睡眠優先sleepy寝るためには一時休戦paper

翌日はUB観光しようとか考えてたのに、まずは病院hospital 今度はちゃんと内科受診しようと思ってたら消化器内科のDr.不在… 結局何科のDr.だったのかわかんないけど「食あたり」の診断。たいして薬も出してもらえず…

一緒に来たMogとモンゴル人の友達(日本語ペラペラ)と一緒に行ったのに…これだけsign02

仕方ないから、両替やら買い物(ほとんど私は何もしてないけど)して帰ろうとした時、職場のDr.からTelが… 腹痛で金曜日仕事休んでいたので心配して電話をくれたww優しい~

と思いきや。。。「おしりペンペンだよ!」と片言の日本語。。笑

これは私が彼に教えた日本語…coldsweats01 (子供に)怒るときに使うんだよ。 と言ったはずなのに… 確実に最近の彼のお気に入りの日本語になっています。音が楽しいから良く使っています。 まぁおかげでなんだか笑って元気が出たけど…

今どこ?

近くにいるならこれからガンダン寺にいくぞ!

と。。  なんで?? OTとそのだんな様がガンダン寺にいるから。だって…

電話じゃ話が良くわかんないので彼のいるところまで行こうとしたら、乗ったバスが反対方向へ…ぎゃ~shock 仕方なくお腹痛いけど歩いて向かっていたら彼が迎えに来てくれてました…ホント、今日はついてないdown

そこからガンダン寺に行き、OTとその旦那さまと一緒にランチしながら「明日、山にのぼりにいくぞ!」と。。なんか日本語を習ってる人たちのサークルがあるらしい。 私、具合悪いんですけど…

結局行くという方向で話はまとまり、そのままGOBIファクトリー(車がないといけない場所で、そこはカシミアブランドの大きなお店)へ連れて行ってもらいました。

帰宅後はぐったりしているとMogがお粥をつくってくれました。ほんとやさし~catface

Mogは実は看護師で(現在ぷー太郎)調理師免許も同時に取得、フレアも(ご存じない方はトムクルーズ主演の「カクテル」をみてください。めっちゃかっこいいですnotes)独学で勉強中。将来は何になりたいのか不明ですが、来月はインドへ一人旅に出るそうです…

「ごはんできたよ」と起こしてくれましたcherry

ほんとにおいしかったsign03

翌日、山登りに行くはずが、大寝坊!!(時間を大幅に勘違いしてた)おかげで、山登りは不参加。ごめんなさい↓↓

午後から3地区(モンゴルの原宿)に買い物にfoot

ブーツやらあったかいインナー、靴下、色々買い物してきました。よかった!!元気になってきたnote とおもっていたらMogの背後にスリがっっsweat01

半分、鞄のチャックがあいていました。幸い何も取られてませんでしたが…鞄は前に背負うように再度注意!! ちょっとのんびりやさんなMogなので危険down

時間があったので、再びガンダン寺へ

実は昨日行った時は、ボルハン様(観音様みたいな)を拝んで来なかったので。

再度!! と思った行ったら、拝観時間が過ぎていて見れなかったcrying

見せてあげたい。巨大なボルハン様を…

仕方なく、お土産やさんでお守りとか買っていたら、職場の妹さんが働いていて(以前も来たので聞いていた)後日、職場の人にガンダン寺に行ったことが知られていました。いんだけど、知ってたなら声かけて~。。(私はだれかよく覚えていなかった…)

Img_0064そんなこんなでMogは月曜から一人ツアーへ参加

(私は活動がありますので…ドロンしますシュシュシュッsign05

ツアー先のホテルまでみんなで送りにいきました。。意外と僻地の真ん中に立派なホテルがあって、ちょっと遠かった~sweat01

でも、おかげで穴場スポットを発見できました!

雪があって、川面に山が写りとても綺麗な景色でしたshine

モンゴル人はこんな距離でも、快く送ってくれました。

ayacoの友達だから。

というだけで…彼らは本当に面倒見がいいなと感じます。自らが「送ろうか?」と声をかけてくれます。私も日本に帰ったらいつか彼らに日本を紹介したい!!

「疲れた~」っていうまで連れまわして色々なところに連れて行ってあげたいなwink

みんな来てくれるといいなdelicious

なんて思いながら、帰りの渋滞の車の中で考えていました。(冬になるとますますホントにスゴイ渋滞)

そして、今日はいいことが2つ

家族から1つと、自分自身が楽しかったことが1つ。。でもそれは内緒smile

明日は腹痛で延期になっていた活動先での勉強会!!いよいよ勝負だ~!!

でも、今日同僚がROM(関節可動域)を測ろうとしていたときにゴニオメーター(角度計)のあて方もめちゃくちゃだし、読んだ角度もコレマタめちゃくちゃで…

普通に椅子に座れているのに股関節の屈曲が25°って…「そんなんしかないんかいsign03」って思わず笑って突っ込んじゃいました…down同僚も苦笑していました。。そりゃ問題だわ。

それなのに筋トレしかしていない…その問題点から訓練メニューまでの考察を教えてほしい… 一応「なんでこの訓練メニューにしたの?」って聞いたら「ん~。なんとなく」と言われました。思わずわたしも「そっか~」と。。  これはやりがいがありそうですねpunch

より以前の記事一覧